歌舞伎のちから 
犬丸治・劇評集


「平成の藝談 歌舞伎の真髄にふれる」
(岩波新書 2018年12月20日刊)

「歌舞伎入門 役者がわかる!演目がわかる!」
(犬丸治監修 世界文化社 2014年02月05日刊)


「十二代目市川團十郎さんを悼む」
(「読売新聞」2013年02月05日朝刊)

「歌舞伎を支える裏方たち」
(「ミセス」2013年2月号・1月7日発売)

「中村勘三郎を悼む」
(「読売新聞」2012年12月10日夕刊)

橋下徹と「文楽問題」を憂う
(2012年6月26日)
橋下徹流「稼げる文楽」の下劣さを嗤う 
(2012年6月28日)
橋下徹よ、首長として文化財保護の「責務」放棄は許されない!
(2012年7月1日)
橋下市長・文楽批判への反論 
(2012年7月8日)
橋下市長と文楽技芸員の「公開討論」を前に
(2012年10月3日)

「『菅原伝授手習鑑』精読・歌舞伎と天皇」
(岩波現代文庫・4月17日刊)


☆劇評を除き、今後随想・余滴はフェイスブックに移行致します。ご了承ください☆
(2011年10月10日)

2019年2月21日 更新

犬丸治・フェイスブック
2011年07月17日開設


犬丸治・ツイッター

歌舞伎研究会三田会




式亭三馬「戯場訓蒙図彙」
享和三年(1803)刊

   
2002年3月30日開設
無断転載を禁ず
copyright(c)1991 0samu Inumaru All Rights Reserved

開設にあたって
2002年3月30日更新
プロフィール 2018年12月17日更新
   平成歌舞伎評判記 
    平成三年八月~


19年1月歌舞伎座
「二月大歌舞伎」評
(「読売新聞」2/19付夕刊掲載)

19年1月劇評
「吉右衛門の光秀」
(「テアトロ」2019年3月号)

19年1月新橋演舞場評
「『俊寛』から『鏡獅子』へ」
(「演劇界」2019年3月号)

2018クロニクル「『平成歌舞伎』の円熟」
(「テアトロ」2019年2月号)

18年12月劇評
「『阿古屋』継承」
(「テアトロ」2019年2月号)

19年1月歌舞伎座・新橋演舞場評
(「読売新聞」1/10付朝刊掲載)


18年8月劇評
「新鮮な『関の扉』」
(「テアトロ」2018年10月号)

2019年2月21日更新
  鶴屋南北論考 2011年03月02日更新
歌舞伎のちから

資料・「銀座百点」と戸板康二

遠藤為春語彙 「歌舞伎よもやま話」註

「市川團十郎、来年復活」にコメント
(「朝日小学生新聞」2019年2月6日一面)

「ことばの魔術 煙管の雨が降るようだ」にコメント
(「読売新聞」2019年1月23日朝刊・文化欄)

「2018極私的歌舞伎大賞 仁左衛門・玉三郎」
(「演劇界」2019年02月号)

「与三郎『胎内めぐり』~幕末版・貴種流離譚」
(2018年5月渋谷コクーン歌舞伎「切られの与三」筋書)

「『髪結新三』を『披ク』ということ」
(国立劇場2018年3月歌舞伎公演筋書)

「広辞苑」第七版・「芸能」項目分担
(「岩波書店」2018年1月12日)

「極私的歌舞伎大賞」
(「演劇界」2018年02月号)

貫く感覚の「新しさ」~「桜宮物狂い」考~
(国立文楽劇場2018年新春文楽公演筋書)

「次代を見据える『襲名』」
(有隣堂隔月情報紙「有鄰」2018年1月1日号)


「歌舞伎入門 役者がわかる!演目がわかる!」
(犬丸治監修 世界文化社 2014年02月05日刊)


2019年2月7日更新
ドラマの復権 ~戯曲のちから~ 2002年4月07日更新

随想・漫筆・余滴

犬丸治・フェイスブック

2011.09.27 中車・意外な復活
2011.09.08 アクシデントを超えて

2011年度「随想・漫筆・余滴」

2010年度「随想・漫筆・余滴」
2009年度「随想・漫筆・余滴」
2008年度「随想・漫筆・余滴」
 2005~2007年度「随想・漫筆・余滴」
2004年度「随想・漫筆・余滴」
2003年度「随想・漫筆・余滴」
2002年度「随想・漫筆・余滴」
市川新之助─その荒魂と和魂
「本」2003.4月号(講談社)

2011年10月08日更新