プロフィール




自宅書斎にて
         
犬丸 治(いぬまる おさむ)           本名・同じ
1959年
(昭和34年)
12月29日東京生まれ。O型。山羊座。
1971年
(昭和46年)
9月 慶応義塾幼稚舎6年の時、国立劇場で初めて歌舞伎「東海道四谷怪談」を観る。勘三郎のお岩、白鸚の伊右衛門、猿之助の直助、現幸四郎の与茂七。 
歌舞伎座監事室長・巌谷慎一氏の知遇を得、薫陶を受ける。
慶応普通部・高校時代は鶴屋南北に傾倒。
1978年
(昭和53年)
慶応義塾大学経済学部に進む。
社会思想史専攻(野地洋行教授)。
2年生から歌舞伎研究会に所属、故中村勘五郎(のち五代目仲蔵)師指導の下、三田祭で「盛綱陣屋」の信楽太郎、「伊勢音頭」の喜助を演ず。
1982年
(昭和57年)
4月 慶応義塾大学経済学部を卒業。
株式会社東京放送(TBS)に入社。
ラジオニュース部から報道局社会部。
社会部当時宮内庁詰め記者(宮内記者会)として、昭和天皇闘病・逝去報道に携わる。
その後、テレビ営業・ネットワーク部・マーケティング部・経理部・宣伝部・審査部兼番組審議会事務局を経て、
現在、TBSテレビ編成考査局番組考査部・部長。
1991年
(平成3年)
歌舞伎学会紀要「歌舞伎研究と批評6」に、「一明治婦人の観劇記録」を投稿、採用・掲載される。
1994年
(平成6年)
4月 歌舞伎学会常任委員。紀要編集・企画等を担当。紀要及び同人誌「劇評」中心に執筆活動。
1998年
(平成10年)
9月 演劇雑誌「テアトロ」10月号から、歌舞伎劇評連載開始
2002年
(平成14年)
3月 ホームページ「歌舞伎のちから・犬丸治劇評集」開設
2003年
(平成15年)
3月 初めての著書「市川新之助論」(講談社現代新書)刊
2003年
(平成15年)
10月 読売新聞夕刊に、20日付より劇評執筆開始。
2005年
(平成17年)
12月 「天保十一年の忠臣蔵 鶴屋南北『盟三五大切』を読む」(雄山閣)刊
2010年
(平成22年)
5月 「歌舞伎座を彩った名優たち─遠藤為春座談─」(犬丸編註 雄山閣)刊
2011年
(平成23年)
4月 「市川海老蔵」(岩波現代文庫)刊
 2012年
(平成24年)
 4月「菅原伝授手習鑑精読・歌舞伎と天皇」(岩波現代文庫)刊
   5月 日本ペンクラブ会員
現在 日本ペンクラブ会員
歌舞伎学会運営委員(企画担当)
同 奨励賞選考委員
日本演劇学会
日本演劇協会
日本近世文学会
国際浮世絵学会 各会員
歌舞伎研究会三田会 理事
著書 「市川新之助論」(講談社現代新書)
「天保十一年の忠臣蔵 鶴屋南北『盟三五大切』を読む」(雄山閣)
「歌舞伎座を彩った名優たち─遠藤為春座談─」(雄山閣)
「市川海老蔵」(岩波現代文庫)
「菅原伝授手習鑑精読・歌舞伎と天皇」(岩波現代文庫)刊
共著 岩波講座・歌舞伎文楽  第三巻「歌舞伎の歴史U」所収「平成の歌舞伎」
同  第四巻「歌舞伎文化の諸相」所収「劇評について」
「歌舞伎ギャラリー50」(田口章子編 学習研究社)
「仮名手本忠臣蔵を読む」(服部幸雄編 吉川弘文館)
「高橋誠一郎 人と学問」(塩澤修平編 慶應義塾大学出版会)
「映画のなかの古典芸能」(神山彰・児玉竜一編 森話社)
「最新・歌舞伎大事典」(富澤慶秀・藤田洋編 柏書房)
「古典劇との対話」(みなもとごろう編 瀚林書房)          
 監修  「歌舞伎入門 役者がわかる!演目がわかる!」(世界文化社)
解説等 戸板康二「続 歌舞伎への招待」(岩波現代文庫)
戸板康二「歌舞伎ちょっといい話」(岩波現代文庫)
水上勉「説経節を読む」(岩波現代文庫)
戸板康二「思い出す顔 戸板康二メモワール選」(講談社文芸文庫)


歌舞伎のちから・TOPに戻る