三津五郎奮迅              犬丸 治
 
 「テアトロ」2005年3月号

 「待っていたたァ有難え」。
 師走の南座「お祭り」。花道から團十郎の鳶頭が登場すると、その華の香に舞台の雀右衛門と海老蔵も霞んでしまう。既にパリ公演には出演しているものの、国内での本格復帰は初めて。私も客席で、この七ヶ月間の暗然たる思いを忘れた。
 という次第で、今年のベストワン・ワーストワンは十一代目海老蔵誕生という歌舞伎挙げての祝祭の年にかかわらず、五月以来の「團十郎の不在」という不測の事態がもたらした求心力に思いを致さざるを得ない。その中心となったのが、坂東三津五郎の奮迅の活躍であった。
 四月「番町皿屋敷」で播磨を明晰に演じた彼は、五月も「魚宗」で確かな腕を見せた。
 前半ストイックなまでに自らを押し殺した男が、真相を知るに連れ酒に乱れて行く様に寸分の隙もない。遠くで祭囃子が聞こえ、フラリと立ち上がるまでの静寂にゾッとした。
 そこに、團十郎の休演、「勧進帳」の弁慶の代役が回って来た。彼にとって三度目の弁慶を千秋楽まで全く危うげが無く勤め上げた。「海津の浦に」の出の悠揚たる風姿と骨太で強い描線。花道での「遙か後より」までの台詞が沈着にして粒立ち、「由々しき御大事」の切迫感が観客の胸に突き刺さる。
 初めは下手に出ながら、一転「切ったる山伏首は」と身体をグッと向けて挑発する駆け引き。「読み上げ」「山伏問答」も達識見識が威となって立ち上っている。詰め寄りの金剛杖の持ち方も、九代目團十郎から二代目段四郎に伝わった型を踏襲し、富樫との全面対決も辞さずという工夫が見える。「面白や山水に」で興が乗って来る辺り、「万歳ましませ」「鳴るは滝の水」は自在というより無心で、時を忘れる面白さであった。危地を守り抜くという弁慶の立場が三津五郎と重層化し、更に海老蔵の富樫にまで響き合って、緊密なドラマを作り上げた。
 この「勧進帳」を今年のベストワンに推したい。 
 三津五郎はこの他にも、五月「暫」の鯰坊主、八月「蘭平物狂」前半の歯切れの良い色奴ぶり、九月「宇津宮峠」の近代小説を読む様な殺人者・十兵衛と連打が続く。
 九月「一本刀」でも、茂兵衛を内に引き入れる辺りに「堅気に化けたイカサマ師」ぶりが鮮やかだった。十二月の「たぬき」も、焼場から生き返り、濁世の深淵を覗いてしまった男の悲哀が美事であった。松緑・梅幸・父先代以来「良き学校」で学んできた蘊奥が、彼の中で熟してきたことが、「たぬき」終幕、花道を引っ込む三津五郎の苦みからも知れた。
 ベテランでは、雀右衛門が自由な芸境。
 一月時姫の赤姫とはかくやと思わせる嫋々たる風情と内に秘めた恋、三月梅川の「逆縁ながら」の切実さ。気持ち一本で忠兵衛と歩いて来た道、これからの茨を示す腕。六月の「傾城反魂香」のおとくも、吉右衛門の又平の心に静かに寄り添い、「親もない、子もない」身柄一心のこの男の孤独を鏡の様に映し出した。十月「井伊大老」のお静の包容力。
 上方勢も個性ある舞台を見せた。鴈治郎の九月名古屋御園座の熊谷。ニンではないが、身体に染み通った丸本味の台詞回し、制札の見得の解釈、相模と共に花道を引っ込む本行への読みが行き届き、刺激的だった。十月「沼津」の十兵衛など、普段の実事の濃い型に比べると、誠に芳醇。十一月「吉田屋」の伊左衛門は、大人の寓話というより、夕霧との男女の仲のリアルさが前面に出ているのが面白い。
 仁左衛門は、十月「実盛物語」が物語のカドカドといい条理備わり、綿繰馬で太郎吉に「出かす出かす」と扇を鳴らして寄る辺り、生締物とはかくもあらんと思わせる出来映え。三月いがみの権太、四月知盛と、「千本桜」の大役二役に挑んだ。十一月「河内山」は、梅玉の松江侯をやり込める時の目遣いの妙味といったらなかった。
 十一月「関の扉」の上の巻、殊に吉右衛門の関兵衛、富十郎の宗貞、魁春の小町を加えた三人の総踊りも今年の収穫であった。
 二月「三人吉三」、四月「白浪五人男」の二つの黙阿弥劇。
 前者は玉三郎という真女形がお嬢を演じる事で、後者は久々に「蔵前」が出た事で、数奇な運命に弄ばれる人々という作者の主題がはしなくも浮かび上がって来た。
 眼福は正月「二人道成寺」の玉三郎と菊之助。二人の「花子」は姉妹なのか、一人の人格の中の「過去」と「現在」なのかという詮索も忘れる程、息もつかせぬ一時間だった。
 今年の主役、新之助改め海老蔵は、五月「助六」ではまるで鼻唄まじりの様に闊達な台詞をこなし、「暫」も南座では七三で本舞台を睨み返す眼力といい、不逞無頼なかぶき者の遺伝子が息づいていた。
 ワーストワンではないが、自分のニン・ガラを弁えずに役に挑む人がこの処多すぎないか。
 これはほんの一例で、最近舞台から「けじめ」の美徳が失われている様に思われる。

2005年2月劇評
2005年1月劇評
2004年12月京都劇評
2004年12月東京劇評
平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る