「稚魚の会・歌舞伎会」評

 今年で10回目を迎えた国立小劇場・「稚魚の会・歌舞伎会」合同公演(8月19日〜22日)は、「双面」の新七の法界坊・野分姫の霊(B班)が切れ味鋭い出来。「末の頼みの」のしっとりとした情感、「浅いは縁深いは怨み」の凄味の演じ分けなど的確。梅之(A)は顔の演技に頼り過ぎるのと、野分の松若への情が欲しい。松若は古風な蝶之介(A)とスッキリとした二枚目の吉二郎(B)。お組は春之助(A)竹蝶(B)とも平凡。渡し守は升吉(B)より吉之助(A)に厚手の色気があり、一日の長。
 「熊谷陣屋」は橘三郎の熊谷(A)が堂々たる出来。押し出しの良さに加えて、芝翫筋に象徴される眉一つ動かさぬ剛毅な人物像を作り出している。相模とのやりとりも全てハラひとつで運び、物語の太い描線、「ご批判如何に」の気迫が良い。「夢だ」も一見涙と無縁の男だからこそホロリとさせ、本舞台を見込んで気を変えての引っ込みも悟り切れぬ業が出て哀れである。
 吉三郎(B)は師匠譲りで期待したが、楷書に内輪にまとまっている。型が段取りになり、ハラの二重性を生かし切っていない。京妙の相模(B)がしっとりと手堅い出来。徳松(A)もクドキではコッテリと厚手な味を出している。徳江の藤の方(A)に品があり、由蔵(B)は情が薄い。
 升平の義経(B)が古風で、「天運次第」と宗清に受けて立つ辺りキッパリしていて良い。国矢(A)も品格ある御大将ぶり。弥陀六は吉六(A)が鋭さと気骨があり、述懐もしっかり聞かせる。松五郎(B)は若さが却ってこの役の持つ激しさになっているのを買いたい。
 「源氏店」は、歌女之丞のお富(A)がヴェテランの味。玉朗(B)は前半を鉄火に作り過ぎている為に、後半の与三郎への情が薄くなる。与三郎は功一(A)が恵まれた風姿ながら悪の強さに乏しく、セリフも間延び。升一(B)は歯切れは良いが若旦那らしい鷹揚さを欠き一長一短。安は音之助(A)が嫌味と押しが弱く、段一郎(B)は陽性で粘りを欠く。紀義(A)茂之助(B)の多左衛門はともに篤実。研修を終えたばかりの田口和矢(B)の藤八が抜擢に応えている。音三郎(B)のおよしが良い。
 彼らの地力を、例えばかつての「葉月会」の様に結実できぬものか。(22日所見)

2004年9月劇評
2004年9月御園座劇評
2004年8月劇評
2004年7月松竹座劇評
2004年7月東京劇評
平成歌舞伎評判記・目次に戻る

「歌舞伎のちから」・TOPに戻る