浪華の夏・与三郎と弁慶              犬丸 治


(書下ろし)


23日夜から大阪入りし、24日昼夜通しで松竹座の海老蔵襲名を観た。
6月「助六」の大盛況が念頭にあるので、心斎橋のビジネスホテルで朝5時起床、御堂筋を歩いて6時前に一番乗りで当日に並んだ。その後が拍子抜け。10時の発売開始までに、当日売に並んだのは僅か6人。代わりに廉価の幕見(立ち見)には長蛇の列が出来た。
蓋を開けて判ったのだが、歌舞伎座と違って、松竹座は補助席も前売で売るらしい。
私は昼は花道外側の見易い本席、夜は一階客席後ろの補助席だったが、並んだ6人のうち、切符を確保出来たのは3人だった。
一番乗り故の僥倖、一足遅ければ飛んだ無駄足になる処だった。

昨年の天神祭は拍子抜けする程涼しかったが、今年の浪華は東都と違わず暑い。明日の「船渡御」を前に、道頓堀はじめ街全体が息づき、躍動している。
そして当然舞台も熱い。
与三郎と弁慶。この二役、海老蔵にとってともに再演だが、初演以上に成長と工夫のあとが見える。

まずは昼「切られ与三」。
「見染め」の与三は初役だが、波音を打ち込んで揚幕から撫で肩、早足で出るイキが、如何にも大店の若旦那の稚気と色気がある。
弟の手紙を読む間、或いは金五郎の意見をジッと聴く間もハラに納めてダレさせない。
「義理という字を知るならば」とフッと口調を変える辺り、右之助の相生とのやりとりの鷹揚さ。客席を歩く処はもうすこし愛嬌を振りまいて欲しいところだが、花道で子分に絡まれ、サッと金五郎の陰に身を隠す辺り、育ちの良い気弱さ(同時に三年後の変貌ぶりの対比)が出る。
羽織落しも、すでに肩からずらせる形で貝を拾い、お富に突き当たり、顔を見合す。付回しでじっと見とれる。何より、見惚れる二人の間に性欲が嫌味なく立ち上っているのが良い。お富を見送り、口に右手をやり、放心して手がダラリと下がり自然と羽織が落ちる運びが巧い。「知ってるよぉ」と羽織り、見送る顔の色気が輝くようである。
菊之助のお富は、初役とは思えぬ洗い上げた瑞々しい色気があり、子分衆とのやりとりも鉄火な線を出していて良い。つけ廻しから「いい景色だねえ」まで、如何にも身体を持て余した女。
この二人でいずれ「赤間別荘」を見たい処だ。
菊五郎の鳶頭金五郎が、意見事もキッパリとして引き立てている。
時蝶の茶屋女、菊十郎・松之助の黒戸の子分が良い。
「源氏店」。
塀外、湯上りで傘を差して出たお富の色気、さしたることなし。むしろ内に入って鏡台を前に、「置物同様でござんすから」とか、藤八に一瞬キッと「白粉がつきますよ」と言うあたり、この女のいたずらな育ちが良く出る。
藤八は家橘。仕事はそつがないが、眼鏡の番頭としては物堅く見えて食い足りない。白粉を塗られて普通は「恋の手習」だが、今回は「口上」のあととあって、海老蔵の睨みを真似る。およしは菊三呂。
さて与三郎、安の出。
感心したのは、与三の動き一つに裏打ちがあり、思い入れが行き届いていたことである。
お富への無心は元々安のヤマだから、与三には当事者意識がない。外で石を蹴っている辺りの所在なさと姿のよさ。
内に入る時も安に「良いのか?」と確かめて敷居に蹲踞するが、お富に「お断り申しますよ」といわれて、「ヤレヤレ長引きそうだ」と背中を向ける。
藤八・安の騒ぎになり「オイオイ声が高い」という心で外を確かめ、なだめようと振り向いてお富を見、腕組みをして動悸を抑える。この辺りは誰でもすることだ。
お富の「立派な亭主」という言葉に、改めて前に手を組み、座りなおす。ここの海老蔵は、先程の「お断り申しますよ」で背を向けるのと姿勢は同じでも、明らかにハラが違う。
惚れた女の背信への怒気・恨み・未練が静かに内にこみ上げている。
初演の三越劇場での若書きとは違う掘り下げがそこにある。
「安、それでよけりゃあ先に帰んねえ」を低く押し殺して言い、「百両百貫」で怒りを迸らせる。「釜の下の灰までも」と大仰な台詞を吐かせる心理が如何にも伝わるのである。
「与三郎だ」の名乗りも開き直った凄みが良い。ここでの菊之助が、身体一杯使って上手に身体を捻るのが、まるで受胎告知の泰西名画の一場面だ。
「しがねえ恋の」以下が型破りだ。全くといって良い程謳わず、散文的にバサバサとセリフが切れる。その代わり、一つ一つの言葉が粒立ち、「どなたの為に受けた傷だ」「今に忘れず思い出し(ト ホロリとなる)」など、そのままお富の心臓を貫く一矢となっている。
「または手切れとゲス張るか」辺りの荒んだ悪の強さ。一方で「それから先が気に食わねえんだ」のスネた甘え、「わっちゃあお富の」で見せる、根の育ちの良さ。
「そんなに言わねえでも良いじゃあねえか」も、甘えよりも自分の境遇と流転への自嘲と哀しみの響きがあるのも新しい。
「お富の身体はこのままでは置きませんぜ」という捨てセリフがセックスに直結しているのも彼らしい。先程、「赤間別荘」が見たいと書いた所以もそこにある。
七三での安とのやり取りも、「そんなに言うならビタ一文やらねえ」と開き直る辺り、主客転倒、安も恐れる手強さがある。
十五代目羽左衛門ばり、謳いあげる「源氏店」を期待した向きには肩すかしだろうが、海老蔵の与三は、若旦那の数奇な転落の軌跡を縦糸に、女への断ち難い恋慕と未練を横糸に彫りの深い面白さに仕上がっていた。
お富は安を「可笑しなことを言うじゃあないか」とあしらうあたり、もう少し早間に畳み込んでも良いが、「ただよう浪の夢うつつ」に切々たる情があり、行灯越しに去る与三郎をジッと見送る辺り、切っても切れぬ悪縁が見える。
市蔵の安は三越劇場でも海老蔵と付き合った役。「枕の下にグゥッと入れて」などネットリと粘液質で良く、藤八への凄味も利いて好演。
段四郎は昼夜口上も併せて四役の活躍だが、多左衛門は誠に篤実、「ああいや、お富の口から聞こうより」と入ってくる間の良さで腕が知れる。「引き上げ見れば身内」と言いよどんで気を帰る辺り用意があるが、安を呼び出した上で「お前は安じゃあないか」とわざわざ驚くのは一失。

夜「勧進帳」。
浅草公会堂での初演を観た時の瑞々しい緊迫感と驚き。あの時、観客は新之助と共に、「関を超える」おののきを共有したのだ。今回はその代わり、一刀彫のような太い描線に加えて、細部に亘る表現がより豊かに成熟している。
まず、「海津の浦に」で出た横顔が、堂々たる面構・風格である。
「いかに弁慶」という義経の問いかけに「ハア」を省き、無言で身体を向けるだけ。全てハラに納めている。ここで、主従の「黙契」、無言の信頼が明らかになる。
「ヤアレ暫く」の第一声が太く、威圧的で、四天王ならずとも思わず立ちすくむ凄みがある。「たやすく」で一瞬思案するが、これから奥州へ逃避行に予想される苦難、それゆえに主君を卑しい強力に仕立てた侘しさが出る。「御任せあって」は磐石、「御いたわしくは…深々と」にしみじみと情が滲み、「後へ引き下がって」など、統率者としての気迫が的確である。
本舞台に来て富樫とのやり取りも初めに余裕を含みながら、「してその趣意は」「斬ったる山伏首は」と身体を向けて挑発して行く。
「言語道断」と決意するハラは良いが、ノットで前に進み出てからは、威伏の示威行為という手強さをもっと見せて良い。
「何と、勧進帳を読めと仰せ候な」は全て瞑目してハラで進める。
読み上げで富樫に覗かれての気味合いも、お互い妙に睨んだり力んだりせず、心許さぬ姿勢で通しているのが良い。読み上げもセリフが粒立ち自信に満ち、「帰命稽首、敬って申す」など朗々。
「さりながら」で下手に行きかけないのも良い。
山伏問答も、高僧知識が説き聞かせるという自信に溢れ、畳み込む仁左衛門の胸を借りて、堂々とこなしているのが良い。「例わば人間なればとて」の殺気も、更に磨きが掛かった。両者熱を帯びにじり寄り、「阿吽の二字」で正対するあたり譲らず、「九字の大事は」以下流れる如し。「五横を書く」など、クッキリとした描線。
「まだこの上にも修験の道」以下、修験道の深淵が背後に覗いたのも成長であり、「かくの通り」で元禄見得で語り納める形の美しさも的確だ。
「呼び止め」から本舞台、打擲まで早間に運ぶ。
「判官殿に似た強力めが」でハラの固めを一瞬見せ、「憎し憎し」で畳み掛け、「散々に」でサラリと愁いを滲ませる。この間、クドすぎることもなく、苦衷の表現に無駄がない。
「盗人ぞうな」の気迫。「寄せ」の金剛杖は先月の三津五郎ではなく通常に戻したのは物足りない。
「如何様にも究明あれ」は有無を言わせぬ気迫はいいが、イキが上がり苦しい。
富樫が臆病口に消え、金剛杖を持つ手がすっと下がる辺り心得ている。
私が今回最も感心したのは以下の件である。
一旦下手に下がり、体を小さくして恐懼して進み出た弁慶。義経の呼びかけにも答えない。
ここに、冒頭の花道のやり取りとの対称性がある。
あの「黙契」を、二人が改めて語り合う場なのである。
「日月いまだ」や「正しき主君を」でダレさせず、「腕もしびるる如く」でホロリとさせたのは、26歳の若者として尋常ならざる腕である。
「風波に身をまかせ」以下、「三歳の程もなくなく」まで、終始義経に向かって語りかけているのが良い。それが、この「勧進帳」を、単に安宅の関の一齣に終わらせず、源平合戦の栄光から平泉での末路まで、歴史のうねりという時間の座標軸を与えている。
富樫の二度目の出から盃事は、「一度まみえし女さえ」の洒脱さ、「面白や山水の」で酔態から興に乗っいく厚味が、初演に比べ一層滑らかになった。
「万歳ましませ」の風格など、年不相応とも言えるし、「鳴るは滝の水」など体をタップリと使い、赴くままの自在さがある。
と言うより、舞台上の上手の富樫、下手の義経、そして自分という三角形の緊張関係の中で、両者への注意をハラで十分払いつつ舞っている、弁慶という男の用意がハッキリ判る。
「とくとく立てや」も、妙にわざとらしくなく舞に紛らわせているのもいい。
幕外は、富樫への礼は良いとして、天の加護への礼が客への媚に映る。これは海老蔵に限ったことではないのだが。
飛び六法は一気呵成。終始骨太に、より懐深い弁慶に仕上がっていた。
仁左衛門の富樫は凛とした風格で、問答は文字通り聞き処。「九字の真言とは如何なる義にや」など溜飲が下がる。「折檻もしたもうなれ」の泣き上げが過多なのは惜しいが、二度目の出からはワキの慎ましさに徹し、幕切れ客席に背を向け、析が入って初めて正面を切るのも礼儀にかなっている。
鴈治郎の義経は「逢坂の山隠す」で上を仰ぎ見ず、目を伏せるのが変わっているが、ふっくらと品のある御大将ぶり。
権一、橘太郎、菊十郎の番卒も手揃い。

昼「口上」。
松竹座はご承知の通り、あの広大な歌舞伎座に比べて一回り間口が狭い。その慎ましくまとまりの良い劇場空間故に、海老蔵の睨みがより濃密に光り輝く。
右之助は三方を前に据える間瞑目し、左手に三方を捧げ右足を踏み出し、打ち上げで右手をグッと上げながら目を大きく見開く。その流れが、流石襲名三ヶ月目ともなればすっかり我が物として身について来たのだろう。

昼「俊寛」。
例の「思い切っても凡夫心」の件で、仁左衛門が海に見立てた花道のスッポンに半身を沈めたのには驚いた。猿翁の型だという。如何にも上方好みのリアルさである。
浅黄幕はなく、「元よりこの島は」の置き浄瑠璃から。冒頭下手の出で、仁左衛門の俊寛はスッカリ病み衰えている。「よろよろよろ」で杖にすがる処もさりげなく糸に乗って巧い。
かつては心に秘めていた政治的野心の炎、狷介さも消え、成経・千鳥のなれ初めに「濡れ初めは何と何と」と膝を進めるあたり、身近なささやかな幸せに東屋との昔を投影し、満足している平凡な流人である。赦免の日が遠いことは、自分が一番良く知っている。肴にひとさし舞って転倒する自嘲にそれが良く出ている。それだけに、船影を認めた喜びは大きい。
瀬尾が下船すると、普通二人を押しのけて「俊寛はこれに候」と進み出るのだが、仁左衛門はそれをしない。名を呼ばれないので、初めて前に出る。圭角で自己中心的な男というより、ごく普通の人間の悲劇として描こうという意図か。
思いもかけぬ赦免船への期待、一転しての絶望を、仁左衛門は「無い、無い、無い」の音遣いの使いわけ、「分け隔てもあるべきか」「もしやもしやと永らえて」の悲痛さで的確に表現する。丹左衛門が登場しての喜びの膝行もタップリと糸に乗る。
傑作は段四郎の瀬尾。龍神巻の古怪さ、俊寛に赦免状を「差し出だす」のイキ、「鬼界ケ島の巣守にせよ」の憎体、「厳、命、ダアァ」の手強さなど、丸本の敵役かくあるべし。
「首打ち落したわやい」から「まだある、まだある」、千鳥に当身を食らわしてから糸に乗って引っ込み、後段の落入りまで堪能させる。
この瀬尾が良いので、東屋の死を知った俊寛の抜け殻のような放心、千鳥に未来を託す運びが良く判る。
瀬尾を刺す件も、初めはあくまで慈悲に縋り、「都でくたばれ」と罵倒されて殺意がきざし、「お慈悲お慈悲」と上目遣いに刀を抜き取り斬り下げるあたり行き届く。
瀬尾との立ち回りも早間で運び、迫力がある。木に縋って刀を振り上げた形が美しい。
「ト、ド、メの刀」の手強さと憎悪。「弘誓の船」の音遣い、「未来で」で悟りを滲ませるが、次第に聞こえなくなる船からの呼び声に耳をそば立て、後ろを向いた背にフッと孤独がきざす。このあとが、例のスッポンに身を沈める型である。巌頭に上がるまでは車輪で、悲痛、孤独、そして立て膝になっての僅かな微笑で、懊悩を突き抜けての諦観と決断への確信、「凡夫」ゆえの到達点がはっきり見えたのが良い。
秀太郎の成経が濃厚な味。都人らしい品格と、如何にも蜑を見染めそうな色好みが同居している。「恋と申すも恥ずかしながら」と照れ隠しに砂を掬い、「可愛や女の丸裸」「海松布かる」のあたり、千鳥が眼前に浮かぶようである。俊寛が舞って倒れたのを見て、思わず上体を起こす辺り、或いは「改めていま」の俊寛の述懐に船上で涙する辺りの情も細やかである。
時蔵の千鳥は妙に蓮葉に車輪にならず、クドキもシットリと可憐。翫雀の康頼が実直で手堅い。我當の丹左衛門は情理備わるが、実際は冷徹な能吏だろう。

夜「沓手鳥孤城落月」。
「乱戦」はさしたることなく、松也の千姫は平凡、友右衛門の与左衛門のセリフが粒立たないのも困る。進之介の裸武者は折角の儲け役なのに勢いがなく、撃たれて転げ落ちる時も身体を庇っているのがはっきり判り興ざめ。
「糒庫」は、鴈治郎初役の淀の方。かつて大隈講堂で観た五代目歌右衛門のフィルム、そして六代目歌右衛門の舞台姿が鮮烈に瞼に残る。特に後者は、狂える貴人の情念の塊に圧倒された。鴈治郎の場合、幕切れ千姫の小袿を握り締めての立ち身の芸容など、「自らの化粧箱も同然」と言い放つ驕慢には一回り小さいが、光るのはセリフのイキ、緩急である 。
兵糧俵が崩れて、「また来おったか」とキッと正面を向くイキ、「征夷大将軍の母を」から、「何、妾(てかけ)じゃ」と気を変える運び、「化粧箱も同然」と張る辺り、沙翁劇のエロキューションに狂女物を重層化させた作者逍遥の意図に忠実だ。内膳に「ここへおじゃ」としなだれかかる色気から、「捕らえようでな」とキッとなる変わり身、秀頼を指差して「涙が流るる」と正体を失う件、そして終始ケタケタと笑う声が、豊臣家崩壊の不気味な通奏低音になっている。
時蔵の秀頼は気品のうちに「泣かずにはいられぬわえ」の号泣が悲痛。「いかなる恥辱も、母上には代えられぬ」で、貴人の脆弱さを覗かせているのが良い。
我當の内膳は諫言に涙を含みすぎ、武人らしい毅然さが欲しい。翫雀の修理が才子然としないのは、この人の持ち味ゆえか。竹三郎の正栄尼はいいが、家橘・右之助・吉弥らの局たちは平凡。

夜「弁天娘女男白浪」。菊五郎の弁天は数え切れないほど見ているが、今回は娘姿から男まで終始サラサラと運ぶ。以前ならここぞとばかり謳う処もアッサリしている。それでいて、黙阿弥物の愉しさはしっかり押さえている。クセ字が取れた、自然の境地というべきか。
段四郎の南郷は、若党の間のキッパリした時代味から、世話に砕ける緩急など、円熟している。「ポン、と打ち込む捨て碇」など得もいわれぬ味である。ただ、股立の役としてはあと5年若ければと惜しまれる。仁左衛門の駄右衛門は、上手障子屋体から出が、悠揚迫らざる押し出し。「まさしく男」以下の畳み込み、「生けおく奴ではなけれども」の気組とも手強い。権十郎の鳶頭がキッパリとした出来。松助病気休演代役の権一の幸兵衛は、駄右衛門らが
三千両あると踏んできた大店の主人とは見えず。橘太郎の番頭は達者にこなしているが、この人に振るにはまだ無理。松也の宗之助が神妙、菊十郎の悪次郎が良い。
「勢揃」は菊之助の赤星のほんのりとしたやわらかさ。弁慶を演じたばかりの海老蔵が忠信に付き合うのはご苦労というほかないが、思えば初演は権十郎当時の九代目團十郎。
逆七三での極まり、絡みの捕り手のあしらいなどぶっきらぼうで愛想がないが、その身体から立ち上る怒気の如きものが、不思議な魅力を醸しているのが彼らしい。

昼開幕は「松廼羽衣」。時蔵の天女は「いやとよ我は天上女」の位取りはいいとして、クドキに色気がない。後半の金冠水干という形もいかにも明治の踊りでゴテつく。権十郎の白竜がワキの本分を守って手堅い。

2004年8月劇評
2004年8月「稚魚の会・歌舞伎会」評
2004年7月東京劇評
2004年6月劇評
平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る