菊之助の進境    犬丸 治

「テアトロ」2006年4月号

 歌舞伎座・夜は初演以来二年振りの玉三郎・菊之助の「京鹿子娘二人道成寺」。中でも、菊之助の進境には目を瞠るばかりであった。
 玉・菊版は、これまでの「二人道成寺」に比べれば、いわば「コロンブスの卵」。二人の踊り手が或いは形影相添い、或いは有機的に絡み合って現出する官能的時空は、実に新鮮だった。特に前回は、先輩玉三郎の胸を借りるのに精一杯であった菊之助が、例えば「鞠唄」で舞台をグルリと廻る芸容ひとつにしても、「ただ頼め」の愛らしさにしても、凛と芯が通っている。規矩正しく踊り抜くこと。それしか彼の存在理由がないかのように。その結果、殊更に陰翳を強調した初演よりも、むしろ玉三郎の情念世界との対比が一層明らかになる。
 道行では、まず菊之助の振りがあり、「さりとては」でスッポンから玉三郎がせり上がりると、「双面」の如き濃密な空間が現れる。「咎無き鐘を」など、鋭い玉三郎と、おっとりとした菊之助の相違が、そのまま鐘への重層的なおんなの怨みに見えて来るのが面白い。 
 金冠の間でも、「晨朝の響きは」をしっとりと見せる菊之助と、烏帽子を払って綱に懸ける玉三郎の静と動の対比が生きる。「恋の手習」の「ふっつり悋気」で、玉三郎に菊之助が加わって絡む件は実に煽情的だし、二人の女の人生が鏡像の様に浮かび上がる。「山尽し」にしても、菊之助の快い間の規矩正しさと、「稲荷山」で撥をトンと突く一瞬に気迫を込める玉三郎。芸比べ、腕比べの面白さに、観る者を陶酔させる一時間余である。   

 昼「極付幡随長兵衛」。吉右衛門の長兵衛は、玉三郎のお時に、一子長松には「こんな商売させてくれるな」と諭すセリフが肺腑を抉る。特に、自らの「血の涙」という己の苦渋よりも、長松に「人参牛蒡を売ろうとも」と人としての尊厳を説く件に力点を置くことで、お時・唐犬はじめ舞台の面々が文字通り粛然と聴き入るのがありありと判った。
 玉三郎のお時は、男所帯を仕切る芯の強さを見せ、夫の「目出度く羽織の着初めをする気だ」の一言に粛々と身支度を調える件に夫婦の情が出る。菊五郎の水野は、狷介癇癖な凄味と同時に、長兵衛に止めを刺して拝む件で侠気を見せて良い。段四郎の唐犬が初役ながら篤実。菊十郎の坂田金左衛門がベリベリとして名品。歌昇の出尻清兵衛、吉三郎の保昌、吉之助の舞台番、国生の長松が良い。

 昼・幸四郎の「陣門・組討」が面白い。親としての凡夫の慟哭に、一気に収斂して見せた幸四郎の思い切りの良さである。
 言うまでもなく、この場の熊谷と敦盛は、実は皇胤を守らんがための熊谷親子の偽装である。しかしこれまで大方の演じ方は、あくまで表面上は一谷の哀話として演じ、親子のハラは熊谷の「倅小次郎」の述懐、「如何はせん」の件で匂わす程度に止めて来た。

 ところが幸四郎は、陣門で本物の敦盛を抱えて拉し去る時、七三で敦盛(芝のぶ)を先に立たせて顔さえ見せ、一瞬敬って見せる。最初から底を割ることで、丸本特有のトリックを捨象してしまうのだ。「組討」で遠見を省いたのも、もたれなくて賛成。更に平山が作り物の岩に出ず、花道中央の床几にかけるのも、対立の構図が鮮明になり、合理的である。

 幸四郎の熊谷は、「陣門」では小次郎が駆け入ったと知っての驚きが過剰だし、軍兵を追う件は仕出来さないが、「組討」で黒馬に跨り呼び止める押し出しは堂々たるもの。以後、敦盛を組み敷いてからは、武智鉄二「組討論」もあらばこそ、終始源氏の勇将ではなく、「木石ならぬ」や「振り上げは上げながら」の逡巡など、父親の視線で押し通す。そこから見えるのは、主命(しかも明確な意思表示ではなく制札による暗示に過ぎない)を察して我が子を討たねばならない男の悲嘆である。終幕、敦盛の鎧を凝視し、じっと抱きしめる件に、敦盛への遺言「必ず父へ」を響かせたのが、彼らしい近代的な手触りである。「いずれを見ても蕾の花」「悉陀太子を送りたる」が、吉右衛門がギリシャ悲劇とするなら幸四郎は一介の凡夫である。その凡夫が、我が子の死に直面してなお「成り果つる身の浅ましや」と貴人に託して嘆かなければならない悲劇。幸四郎らしい新釈である。

 福助の小次郎は、声を作って若さを表現しようとしていること、管弦に耳を澄ます件で形が流れるのは感心しないが、「しおらしし」と長刀を構える姿態にしっとりとした気品。敦盛は、「生前の面目」と死を覚悟する件など、流石に凛然たる品格である。錦吾の平山が手強く、芝雀の玉織姫に哀れがある。

 夜「小判一両」。「人情噺」と冠するものの、宇野信夫のこの戯曲には人の心を弄ぶようなあざとさが透けて見えて、正直好きにならない。その破綻を補ったのが初演の菊吉の腕だろうが、今回は孫の当代による顔合わせ。
 菊五郎の笊屋安七は、如才なさげに見えて、身の上話からこれまでに辛苦、一両に込めた亡父の思いをじっくり聴かせる運びが巧い。ただ、凧が欲しいとむずがる小市(男寅)に「そんなに欲しいのかい」という処は、五歳で亡くした我が子への思いを重ねたい。たかが凧ひとつに父の形見の一両を差し出すこの男の心の揺れが出ないからだ。

 権十郎の凧売吉六は、嫌な奴にならず、サッパリと演じているのが何より。田之助の孫市は役違いながら、清貧・廉直な人柄を的確に見せている。申三郎が下手から見ているに気付き、ハッと気を変え足早に去る辺りこの人の腕である。終幕の彼の自刃は、安七に一両恵まれたことよりも、実はその場を申三郎に目撃されたためなのが良く判る。吉之丞の町家女房、家橘・右之助の茶店女、松也の娘おかよ。

 吉右衛門の申三郎が、悠容迫らざる風情。安七を呼び止める件など、舞台がグッと大きくなる。但し、「金波楼」では無邪気なだけではなく、どこかに世に容れられぬ陰翳を滲ませたい。菊五郎が逆に意見する件はズッケリと言い放っても良かったと思うが、「何故あの侍を慰めてやらなかったのだ」というあたり切々として、受ける吉右衛門の芝居も相俟ってホロリとさせる。

 終幕、孫市の亡骸を前に暗然とする吉右衛門のセリフが聴かせる。安七が「己ァお前の敵だぜ」と小市に言い聞かせ号泣する幕切は、何度観ても後味が悪い切ない。宇野の戯曲をもとにした円生の口演では、申三郎がこの後安七に「お前のやった事は決して間違ってはいない」と諭している。この演じ方の方が観客も演者も救われないか。


 
夜「石切梶原」。幸四郎は、大庭の横暴や六郎太夫の苦衷も、じっと正面切って聞き、全てハラに納める。本心を明かしての物語から、手水鉢を後ろ向きに切るあたりも、極力発散せず、質実な武士の面影を写し出す。派手さに乏しい代り、捌き役の実事味をジックリ追っていこうとする姿勢が見える。
 歌六の六郎太夫は、丸本物の老けとしては淡彩。芝雀の梢が手に入った役。彦三郎の大庭、愛之助の俣野、亀寿の菊平ら周囲がいい。
昼「道行浮塒鴎」は、芝翫の女猿曳がまるで風俗図絵から抜き出たような古風さだと言うのに、四ッ竹節や万才に託しての意見が暗くて揮わない。お染・久松の死への予感に囚われすぎている。菊之助のお染が如何にも大店の娘らしいおっとりとした品があり、橋之助の久松が、しっとりとした和事味を見せる。昼は他に、芝雀・歌昇・橋之助の「春調娘七種」。

2006年3月劇評
2005年ベストワン・ワーストワン
2006年1月劇評
平成歌舞伎評判記・目次に戻る

「歌舞伎のちから」・TOPに戻る