二三一年振りの藤十郎          犬丸 治

「テアトロ」2006年3月号


 演劇史上の大名跡が現代に甦った。坂田藤十郎。その襲名興行、歌舞伎座夜「先代萩」の、鴈治郎改め新藤十郎の政岡が見応えがある。
 御簾が上がって膳を持っての毅然とした立ち姿が女武道だが、手強さの裏側で、藤十郎は若君と我が子、公私の愛情に迷う母親の苦悩を鮮やかに描き出す。
 最近は「竹の間」も出るので割愛されることの多い「飯焚」だが、藤十郎は繊細さは乏しいものの、忠義一途の心持が一本通っている。それでもなお、雀の唄に涙を呑むハラを扇一本で見せる手際が巧い。鶴千代(鶴松)の寛仁大度な言葉を契機に揺れる心が収斂し、自らの使命を再確認する運びもいい。雪持竹の忍従と、緋の着付の母性の解放の対比が鮮やかに生きている。
 千松(虎之介好演)が刺され、上手屋体に若君を匿い、柱に手を寄せての「涙一滴」が堂々たるもの。クドキもタップリ糸に乗り堪能させるが、冒頭の「出来しゃった」からタテ詞の如く畳み込むセリフ術に、その本領を観る。
 梅玉の八汐は、千畳敷を背負うだけの品がある。秀太郎の栄御前は、政岡を咎める手強さ、下手から扇越しに様子を伺う鋭さが良い。「床下」は、吉右衛門の男之助が、「曲者!」から「残念だァッ!」と虚空を見込むまで、豪宕にして間然としたところが無い。幸四郎の仁木は、蒼白な横顔に凄味がある。
 昼「夕霧名残の正月」。
 藤十郎の伊左衛門は、七三の立ち姿など人形身の様な美しさというだけで、さしたることなし。初代藤十郎のしゃべりの芸、傾城買のリアルな面白さを脚本が封印している。雀右衛門の夕霧がしっとりと儚さを見せる。我當・秀太郎兄弟が扇屋夫婦で出ると、まことに上方の芝居らしい。劇中口上で、秀太郎が仲居衆の上方役者たちを引き立てた心遣いも良かった。
 昼「曾根崎心中」の藤十郎のお初の瑞々しさは年代記ものである。生玉で徳兵衛が縁談を断ったと知っての童女のような純真さ、天満屋で徳兵衛の死の覚悟を足先に確かめた時の恍惚、道行で脇差を差し出す気迫から幕切れの法悦と磨きがかかる。
 翫雀の徳兵衛は、実直ゆえに死なねばならぬ無器用な男の人生に真っ直ぐ向き合っているのが良い。橋之助の九平次は嫌な奴になっておらず、お初に懸想する色気もない。我當の平野屋が篤実。東蔵の天満屋亭主、寿治郎のお玉が良い。
 夜「藤十郎の恋」。
 怜悧な合理主義者・初代藤十郎を、扇雀が好演。お梶を口説きながらも、それを冷静に見詰めるもう一人の自分がいる、という肌合いが面白い。つまりそれだけ、肝心の口説きが水っぽく、情がないのであるが。
 終幕、自害したお梶を見捨てて舞台に向う横顔は良いが、亡骸に手を合わせるのは余計。時蔵のお梶は、秘めた想いが曖昧なので、行灯を吹き消してからの動きが浮いて見える。宗之助の源次、歌六の若太夫、高麗蔵の千寿らワキがいい。
 昼「奥州安達原」。
 吉右衛門の貞任は、上手屋体から公卿姿で出た位取り、「袖萩とやらんも」の音遣いの妙、花道にかかって「何奴の」で気を変え、本舞台を見込む立派さと堪能させる。白旗に向っての六方の古怪さ、刀を抜いて持ち替え、赤旗を大きく振りかざしての「押し立て」など堂々たる出来。
 福助の袖萩は落魄の哀れさが無く、前段からの性根を踏まえていない。「身は濡鷺の」以下踊ってしまうのも困るし、お君(山口千春好演)に衣類を着せられたことを悟る件も説明的になる。
 段四郎の直方が剛毅。吉之丞の浜夕は、品はあるのに情が薄い。染五郎の義家が線が細く、実は環宮誘拐の筋書を全て書いた男には見えない。歌昇の宗任がキッパリした出来。
 ほかに昼「鶴寿千歳」(梅玉・時蔵)「万才」(扇雀・福助)夜「島の千歳」(福助)「関三奴」(橋之助・染五郎)。
 
 国立劇場は、南北「曾我梅菊念力弦」を一六八年振りに復活。
 錯綜した長尺をよくぞここまでまとめたものと、補綴の手際に感服。初春早々、国立らしい良い仕事である。
 菊五郎の新藤徳次郎は、石部屋で前半の下見をカットし、長持から黒の着付で出た凄味は良いが、お半との濡れ場は奥座敷でなく店先の上、南北苦心の屏風や女悦丸の小道具もなく、艶消しも甚だしい。凌辱ではなく和姦に改変しては、お半の性根も変わってくる。
 「帯屋」が出ないのは残念。「対面」はなくても、偽心中という、「桜姫」発端を更に裏返した様な男女の悪縁と再生のさまは観たい。七幕のうち最も見応えがあるのは、五幕目「松坂町」。蛇の毒酒に殺しと南北趣味横溢で、菊五郎も気の入った出来。但し、顔に痣があった方が変化がつくのと、赤子殺しを割愛したのはいけない。ではお半はどうやって悪縁を絶ちきって娑婆に戻れば良いのか。
 二役大工の六三が、如何にも江戸っ子らしいサッパリとした味で、芯が通っている。
 四幕目「深川仲町洗湯」は、風俗描写の興味以上に、姫主従と見えたのが実は宮地芝居の役者という趣向を書き入れたことで、全てカラクリという南北の哄笑が浮かんだのが手柄。六幕目「六三内」も枝葉を剪定してスッキリとまとまり、大詰「初午祭」の大立回りで華やかに打ち出すのが、如何にも故松緑以来の菊五郎劇団・正月国立の伝統。
 問題はおそのとお半の扱い。
 南北は、実は稲野谷の母娘三人を、曾我満江・十郎・五郎に見立てている。更に徳次郎とお半に敵同士、六三とおそのに主従で契る悪縁をそれぞれ担わせた。
 初演の二代目粂三郎の身体を通して、姉妹の人生を合わせ鏡のように照らし出す。これこそ、「糸屋の娘」以来得意とした会心の趣向であった。ところが、菊之助は、この二役の演じ分けが平板で、観ていて混乱した。まして、一般の観客はなおさらだろう。「鎌倉年越」で袖乞をするおそのは女房めくし、「石部屋」に嫁入るお半は十四のはずだが、年かさに見える。「洗湯」になっておそのにようやく艶が出てくるが、「松坂町」のお半と紛らわしい。南北が、心中というもう一つの変転をお半という女(あるいは演者)に用意した理由もそこにあるのだろう。
 富十郎の工藤・千葉之介とも平凡な出来。團藏の長兵衛に如何にも因果物師らしい凄味と陰翳があり、この人会心の出来である。松也の才次郎は良いが、もう少し働かせたかった。田之助のおかや、芝雀のお絹、亀三郎の犬坊丸、京妙の蛇娘、権一の屑屋、梅之助・菊三呂の夜鷹らワキが生きている。菊十郎の妓夫が梶原源太と聞いても、客がクスリともしないのは、何とも寂しいご時世である。

 浅草公会堂の「浅草歌舞伎」は、勘太郎・七之助兄弟が、昼夜でお軽・勘平を替わる。
 勘平は、狩人でも侍を失わぬ骨太な勘太郎、色気と儚さの滲む七之助の対比が生きる。特に後者の五段目のカドカドが良い。ところが、六段目中盤、縞の財布から舅を撃ち殺したと懊悩する段になって、両者とも目を剥いての大芝居。「ずんと些細な内証事」など絶叫口調なのには閉口した。型とハラが遊離し、なおかつ心理も追い切れていない。お軽は、兄弟とも良いが、初々しく、門口の泣き上げでしっとりとした情を出した七之助が勝る。
 芝喜松のおかやが良い。婿を死に追いやった悔恨と和解。国立劇場研修制度の大収穫である。源左衛門の源六が逸品。定九郎は獅童がモッサリとぞんざいで、亀鶴の色気が勝る。亀鶴の千崎は、朋輩の情が溢れるが、ここは半眼程度が礼儀だろう。
 「蜘蛛絲梓弦」は、亀治郎による叔父猿之助技法のオンパレードだが、内容以前に洛中の頼光館の幕開に山颪はそぐわない。
 ほかに獅童・亀治郎の「鳴神」。

2006年2月劇評
2005年ベストワン・ワーストワン

2005年12月劇評
平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る