2005年ベストワン・ワーストワン 「野崎村」の輝き
      犬丸 治  

「テアトロ」2006年3月号

今年の歌舞伎ベスト5を私なりに選ぶとすると以下の通り。

@大顔合わせの「野崎村」(二月歌舞伎座)

 芝翫のお光・富十郎の久作・雀右衛門のお染・鴈治郎(現藤十郎)の久松・田之助のお常。「在所の娘と」の件など、木戸口を結界として両女形の芸火花が散るようであったし、富十郎はセリフの妙と、お常に早咲の白梅を渡す件に老爺の滋味をしみじみと滲ませた。鴈治郎は「所在なさ」が自ずと久松。雀右衛門はクドキでは動きよりも気持ちそのままで観客を納得させ、「女房じゃもの」とお腹を隠す肉感性など、歳を忘れる。現代歌舞伎最高水準の舞台。

A鴈治郎として最後の「河庄」(十月歌舞伎座)

 鴈治郎の治兵衛は、「魂抜けて」の形の美しさと、心持ちのリアルさの間を遊弋しなはら、起請一枚に未練を見せる男の狂態を描ききる。哀れと滑稽を通り越してそこに浮かび上がるのは、一編の崇高な人間喜劇であった。雀右衛門の小春も瑞々しい情感に溢れ、治兵衛の悪口をジッと俯いて聞くだけで、男女二人の馴初めと現在の苦衷が鮮やかに立ち上る。

B富十郎「良寛」(六月歌舞伎座)と雀右衛門「豊後道成寺」(九月歌舞伎座)。

 前者は、枯れた禅画のようでいて、筆勢は南宋画を思わせる力強さ。兎の捨身の譬えを語る件でスッと立った瞬間の位取りの美事さで、広い歌舞伎座の舞台を圧する。後者は、せり上がり、「花のほかには」と前に進む気組。抑制された動きの中で、思入れひとつで見えざる鐘が浮かび上がる。終段、蛇体に変じる件では扇が突如鉄杖に変わり、「竜頭に手をかけ」のトグロを巻く様な不気味さは忘れがたい。老熟の芸境を示す所作事二題。

C蜷川幸雄演出「十二夜」(七月歌舞伎座)

 冒頭、観客席を驚倒させる舞台上の巨大な鏡と、菊之助の獅子丸・琵琶姫の清冽な美しさで、この作品の成功は既に約束されていたといって良い。鏡によって、登場人物の性格の二重性ばかりではなく、歌舞伎の虚と実をも照らしだそうとした演出者の才気が存分に生かされた。

 但し、シエイクスピアの原作に余りにも忠実に脚色し、全編をセリフで塗りつぶしたがために、歌舞伎本来の想像力の飛翔を奪ってしまったのは残念。説明的修辞で語り尽くす沙翁と、「思い入れ」という余白で語る歌舞伎との違いを、改めて痛感。

D勘三郎襲名「娘道成寺」(四月歌舞伎座)

 所作の一つ一つに、演者の内的充実がこんこんと湧き出る。道行「花の御山へ」でぐるりと廻った途端、あたりは全山満開の桜。「恋の手習」でも、「どうもならぬ程」の焦燥が、「逢いに来た」の喜悦とときめき、襟元を掴んでの振りへと転じ、濃艶な男女の姿が身体から滲んでくる。「ただ頼め」の手踊りの愛らしさ、身体を一杯に使った「鈴太鼓」の熱情とたわむことなく、團十郎の押戻の大きさとともに、三ヶ月に及んだ襲名興行中の白眉。
 それ以外で、活躍を特筆したいのは三津五郎。「鳴神」「どんつく」「芋掘長者」の佳品に加え、五月「髪結新三」家主での、勘三郎の新三を追い詰める呼吸、八月「金閣寺」の大膳の手強さ、「伊勢音頭」の貢の和実味と、次々と初役に目覚ましい成果を挙げている。

 吉右衛門は正月「石切梶原」で丸本味を堪能させた。二月「五斗三番」六月「素襖落」も芸容の大きい舞台であった。十一月「日向嶋の景清」は、平明な丸本物に納めてしまったのは不満だが、亡父の衣鉢を継ぐ仕事として記録に止めたい。仁左衛門は、四月の玉三郎との「源氏店」が、男女の悪縁を浮き彫りにした。十一月「熊谷陣屋」も、芝翫型を採りいれるなど掘り下げた出来であった。このほか菊五郎が「文七元結」「引窓」と手堅い舞台。橋之助が十一月「太功記」「弁慶上使」と、丸本物に進境を見せた。海老蔵の一月「鳥辺山」が清冽で、四月「源太勘当」の平次が殊勲賞。

 ワーストワンは敢えて挙げないが、このところ、「実験」と称して読みの浅い安直な「新演出」が闊歩すると同時に、以前なら茶番か俳優祭の余興同然の舞台が公然と演じられているのには辟易する。無論、歌舞伎の魅力に楽屋落ちや茶番的要素があるのは確かだし、私も好きだが、「けじめ」というものがあるだろう。

 十年後の歌舞伎という注文であるが、中堅層が円熟し、若手が中堅層になった時、ではそのあとの花形若手は、という点がひとつ。さらに、一過性の「思いつき」でなく、歌舞伎の新作に根気強く取り組んでくれる作者がどれだけ育っているか。それが当面の不安である。

2006年2月劇評
2006年1月劇評

2005年12月劇評
平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る