秀太郎のお俊                犬丸 治

「テアトロ」2006年5月号

 「人の落目を見捨つるを、廓の恥辱とするわいな」。秀太郎のお俊が、簪を懐紙で拭い、ふっと向こうを見やった時、この女の矜持と死への揺るぎない決意が、舞台一杯に拡がる様であった。

 今月の歌舞伎座は、昼夜に十三代目仁左衛門の追善狂言が並ぶ。いずれも見応えがあるが、中でも夜「堀川」が充実している。まず、我當の与次郎が、底抜けの善人を直球で好演している。猿回しに託しながら、お俊伝兵衛に盃事を促す「そじゃそじゃ」の件、比翼姿の二人を見て「アア良い女房じゃに」と涙を含むのが絶唱。死出の旅と知りながら、無言で弁当を渡す愚直さと兄としての情愛が、素直に胸を打つ。与次郎とはかくなる人かと思わせる、役と役者の渾然。亡父への良き追善。

 傑作は秀太郎のお俊。上手暖簾口から出て、懐に手を入れた姿に、死を覚悟した女の強さが出る。「所詮死なねば」とハッとなる気組。「薄き親子の」の立ち姿に、家族を裏切らねばならぬ苦衷があり、枕を持ってまんじりともせぬ「月もさゆれど」も、伝兵衛との恋の記憶が立ち上る。「そりゃ聞こえませぬ」で二人見つめ合う間が実に情が濃い。「末の末まで言い交し」など、途端に恋人たちの濃艶な時間が甦る。脇差を奪って、「女の道が立つものか」と身体を委ねる件も決然として、老母の子故の闇を晴らさせるに十分である。

 吉之丞の老母が良い。「鳥辺山」を爪弾くあたり、如何にもすがれた、貧に疲れた哀れがある。与次郎の言い訳を嘘と承知で聞くいたわりも良い。伝兵衛が書置を読む間、ジッと俯き、ハラに収める芝居が、門口のお俊と響きあって、後段の「娘の手前面目ない」という回心へと繋がる。名品である。

 藤十郎の伝兵衛は、頬被り姿が「河庄」にならなかったのは流石で、しっとりとした和事師ぶり。今回は短縮版ながら久々に前に「四条河原」が付き、二世と誓った二人の経緯が分って良い。新作めく團藏の横溝のあとに、藤十郎・秀太郎が痴話を演じて見せると、鴨川の川風が客席に吹き渡るようであった。

  昼「道明寺」。仁左衛門の菅丞相は三度目。「身は荒磯の」で向こうを見やり運命を甘受するハラ、「女子のコ、ソ、デ」「子鳥が鳴けば親鳥も」などの音遣いにも気品と憂愁が滲む。「前後左右を囲まれて」で片足を落としての極りなど凛然。但し、「せきかぬる」でジッと泣き、「繰り返し」で七三で姫への思いを残す段切は、あくまで「人間・菅丞相」の生の悲哀であって、歴史的存在にまでは昇華しきれていない。

 芝翫の覚寿は、杖折檻で迷いが見えること、時折セリフが世話に砕けること、「孫も得見いで」のセリフを省いたこと(彼女が出家しなければ道明寺縁起にならない)を除いては、太郎を刺しての極りなど、立派な後室ぶり。 ここでも秀太郎の立田が良い。夫舅への意見事もしっとりとし、聞入れられたと思い「酒を上げたい」と言う件に哀れがある。この女の実在感で、「旧菅原家」=「土師宿弥」の滅亡というドラマの骨格が浮かび上がった。段四郎の太郎が愛嬌・手強さとも一級品。「縁端に大胡座」など堂々たるもの。芦燕の兵衛は手堅いが古怪味が欲しい。孝太郎の苅屋姫が程良い。富十郎の輝国が捌き役としては些か重たく、「忍んで」など糸に乗って欲しいところ。歌六の水奴、市蔵の贋迎。

 夜「筆幸」。幸四郎初役の幸兵衛は、旧士族らしい気骨があり、それが世慣れぬ狷介さと表裏一体になっている。先代勘三郎は女々しいまでに涙したが、幸四郎は「実に途方に」までグッと堪え、「男と生まれた身をもって」などキッパリと武士の意地を見せる。誠に理詰めな演技だが、それだけに発狂する件に、不条理な飛躍への戦慄が乏しい。

 今回の台本では、大家や長屋女房の御一新批判を語らせているが、賢しらというものだろう。如何に五常の道を守ろうが、弱者を徹底的に追い詰めていく「当世流行の法」という支配装置。勝ち組・負け組を、塀一つ隔てて描ききった黙阿弥の筆に、これ以上何を付け加えようというのか。最後お雪の眼が開くというのも大甘で、地主から目薬を貰うという原作の方が余程リアル。幸右衛門の大家は、篤実の見せ所が無く気の毒。秀太郎のおむら、権十郎の安藏、鐵之助・玉之助の長屋女房、壱太郎のお雪が良い。彦三郎の金兵衛は因業に見えず。

 夜「二人椀久」。富十郎の椀久が、見果てぬ夢に彷徨う男を描いて一本筋が通っている。菊之助初役の松山が、清冽から一歩抜け出して、太夫らしい品と艶やかさを見せる。「按摩痃癖」も、円熟と若さが真正面からぶつかり合い、堪能させる。

 昼「吉例寿曾我」。批評以前に、「石段」や「対面」で、何のキッカケもなくダンマリになるのには驚いた。こうした古風な狂言には、せめて造り物の月でも出すべきだろう。ほかに、昼「吉野山」(幸四郎・福助)。

 国立劇場は「當世流小栗判官」の通し。「十八番」と銘打った猿之助の当り役を、療養中の師に代わって一門の若手たちが担う。

 右近の判官は、「大膳館」での荒馬の曲乗りに颯爽とした立役ぶりを示すが、やつし姿の間は和事味に欠ける。二役のチャリ矢橋の橋蔵は無理。笑也の照手姫は、雪姫もどきの赤姫ぶりの間は古風さが乏しいが、奉公人・小萩に身をやつしている間は風情がある。

 最も濃厚なドラマは「万長奥座敷」。判官への恋慕を断ち切れないお駒(春猿)を、主の義理から手にかける後家お槙の苦衷を、笑三郎がコッテリと演じる。照手が旧主と知れて、お駒との主従関係が途端に逆転するあたり、身分制度の悲劇が出る。

 段治郎は、漁師浪七役でキッパリと仕出来す。浜辺の大立ち回り、岩場に登り割腹しての壮絶な最期に、師の口跡と動きを彷彿とさせる。二役遊行上人も凛然として良い。猿弥は大敵横山大膳・小悪党の銅八と、時代世話の敵役を演じ分けて自在。前者は王子鬘で見劣りしないのが大手柄、後者は浪七との詰開きなどまことに手強い。門之助の上杉憲実と浪七女房お藤。寿猿の郡司、猿四郎の奴三千助、弘太郎の采女之助、欣弥のお熊とワキが良い。

 但し、今回は正味五時間の長尺を昼夜二部構成で演じるので、「通し」とはいえ、平日など一部二部の間が二時間も空いてしまう。観客の生理にも目を配るべきだろう。

 パルコ歌舞伎は三谷幸喜作「決闘!高田馬場」。荒んだ安兵衛(染五郎)の自分探しに、道理を説く同門の右京(亀治郎)を配し、長屋の人々に英雄待望論を語らせる三谷の図式は明快だ。大工の又八(勘太郎)の裏切りと死を点綴することで、「英雄伝説」渇仰が、実は粗暴なバーバリズムと表裏一体であることを描いているのも良い。

 染五郎の安兵衛は線が細く、二役の男色趣味の祐範が面白い。亀治郎が、キッパリとした右京、ストーカー気味の堀部ホリ、小心者の村上と三役を演じ分けて光る。萬次郎のおウメ、橘太郎の洪庵の喜劇味、錦吾の伯父菅野の実直と、ワキも良い。二時間十分、三谷らしい疾走感で、芝居として十分に楽しめた。

 しかし三谷の才気を認める反面、私は歌舞伎の全くの門外漢に筆を執らせる昨今の「新作」の在り方に、正直食傷している。下座や竹本、ツケなどの歌舞伎技法を戯画化し、笑いを取る「実験」から、早急に卒業すべきだ。もはや歌舞伎を書ける人材が幕内にしか見いだせないのなら、役者は外部登用の余力を、彼らを使っての古典発掘・補綴に振り分けて欲しい。その方が演者も観客もより生産的である。

2006年4月劇評
2006年2月劇評

平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る