乳人重の井の原罪           犬丸 治
 
「テアトロ」2006年2月号



 歌舞伎座夜「重の井子別れ」。
 最愛の我が子を前にして晴れて名乗れず、「何の罰ぞ、咎めぞいのう」と煩悶する福助の重の井が絶唱である。
 これが昼のパサパサしたおわさと同じ役者かと疑うほど。私ははじめて、重の井という女が分かったと思った。
 三吉ならずとも、大抵の重の井の態度は遠慮が過ぎて見える。しかし福助の重の井は違う。彼女は、父をも死に追いやった自らの不義の原罪を責め続けている。永年の息子との別離は当然の応報であり、主家への忠義と息子に代わる調姫への奉仕は贖罪である。彼女が三吉に金を渡すのを、私は原罪への喜捨だと初めて思った。それさえ突き返され、「過去」に復讐された彼女はもはや身の置き所がない。
 最初、調姫と出た時に、如何にも艶やかな母性がある。それが、伊達与作との不義の名残りともなる。二度目の出で上手への「お上にもご機嫌」の思い入れ、三吉の「由留木殿」という一語一語に反応するのも、この女が背負う重さが出る。最初、何気なく三吉と目が合い胸を鎮める予兆、取り縋られて顔を背けるあたり、運命劇としての「重の井」の構図が浮かんで来る。
 児太郎の三吉が利発かつ明晰。弥十郎の本田が篤実なうちに愛嬌がある。
 昼「弁慶上使」は、橋之助の弁慶が上出来である。
 逆七三での極まりなど、面長なマスクに隈が乗る。「三忘」の譬えは、卿の君(芝のぶ)に聞かせるハラが欲しく、「鎌倉殿の難題」の一人舞台があるのなら、下手のしのぶと顔を合わせる型の方が良い。二度目の出の「呆れ果てたる」、後半の「押し立て」が立派なのは当然だが、優れているのは父としての嘆き。「泣く蝉よりも」から、やり場の無い嘆きを矢に託し、親の恩へ思い至る。下手をすればかこつけて泣いているように見えるのだが、橋之助は「ほててんごうな」転び寝、人間の運命の偶然から生まれたおわさの死に直面した時はじめて、母以前から続く広大無辺な生命の連鎖に思い至るという弁慶の感動を剛直に表現した。「名も知らぬ顔も知らぬ」から大落としに至る感情量も豊かである。
 問題は福助初役のおわさ。火焔太鼓の襖を背負う厚味以前に、まず芝居がせわしない。相手と芝居の受け渡しが出来ておらず、独り相撲。物語も「二八余りの」など娘に戻って欲しいし、一夜の逢瀬の件も説明的。そのため、「お稚児さんかいなあ」の作り声が浮いてしまう。しのぶの遺骸に縋っての号泣も型からはみ出す。弥十郎の侍従太郎、竹三郎の花の井が手堅い。新悟のしのぶは、蕾以前に、発声・型とも幼い。
 昼「盲目物語」。
 玉三郎のお市の方が凛然として、清洲城で藤吉郎の求愛を手厳しくはねつけ面罵する気迫が悽愴である。さらに藤吉郎を呼び止め、勝家の嫁すると告げ、哄笑する驕慢さ。美の持つ残酷さを見せて余すところが無い。お市・淀君二代に渡る復讐劇という、この芝居のもう一つの骨格が明らかだし、玉三郎の「糒庫」を見てみたいと改めて思った。
 勘三郎の弥市は、愛嬌・かいがいしさとも行き届くが、二役藤吉郎は良い子になりすぎ、この男の卑小な俗物ぶりを前半で利かせておくべきだろう。橋之助の勝家は若すぎる。あれでは前田犬千代。七之助は、お茶々から淀君への変貌で、この女の身に何があったかがおのずと分かる。
 夜「松浦の太鼓」。
 勘三郎初役だが、手炙りで暖を取りながら、句をひねっている様、終幕大高源吾の物語を床几にかけてジッと聞く横顔など、先代を彷彿とさせる。お天気屋の殿様の天衣無縫を伸びやかに演じつつ、お縫(勘太郎)への愁いの眉など情があり、この人のものである。
 弥十郎の其角は回を重ねれば枯れるだろう。大詰羽織の件でホロリとさせたのは手柄。橋之助は両国橋の「他家の衣服に」に屈託が欲しいが、大詰は機嫌のよい役を晴れやかに演じている。
 問題は夜・玉三郎の「船弁慶」。
 通常曲ではなく二代目杵屋勝三郎の曲を用い、破風を設けたり船は作り物、舞も「都名所」ではなく「陶朱公」、後シテの顔の作りは能面を摸すなど、悉く能懸かり。
 ところが、通常の「船弁慶」が、歌舞伎役者が自分の肉体を一旦殺した上で色気を滲ませる皮肉とするなら、玉三郎は扮りは能でも肉体は歌舞伎そのものなのである。中ノ舞にしろ、シオレる動作一つにしろ、内に溜めていないので、冗長かつ平板。薪車の義経の「その時義経」の調子はずれには閉口した。勘三郎の船頭も狂言になっておらず、様式に統一感がない。
 本物の能を見るなら能楽堂へ行く。何とも奇妙な経験であった。
 他に昼は勘太郎・七之助兄弟の「猩々・三社祭」。
 
 国立劇場は黙阿弥「天衣紛上野初花」の通し。
 幸四郎一座は二年前にも国立で手掛けていたが、幸四郎がニン違いの直次郎を兼ね、染五郎が三千歳に廻った前回に比べれば、親子が河内山・直侍に納まった今回の方が余程すっきりする。
 序幕「上州屋」。
 幸四郎の河内山は、木刀を質草に、番頭(幸太郎)をいなしていく貫目、後家おまき(歌江好演)の話に身を乗り出していく具合、「みんなヒジキに油揚連中」の皮肉も、悪が利いている。但し、錦吾の和泉屋に、河内山が「この男の頼みなら」と心服する押しが足らず、芝居が膨らまない。
 「三千歳部屋」は、この時の百両が巡り巡って直侍の窮地を救うというだけ。染五郎の直侍は、羽織姿の裏の刹那的生活の匂いに乏しく、時蔵の三千歳も品が良すぎて、市之丞をすげなく扱うあたり、直侍を立てるシンの強さが欲しい。左團次の市之丞が堂々たる押し出し。市蔵の丑松が歯切れが良いが、善人めいて後段兄貴分を裏切る男には見えず。鐵之助の遣手が老巧。
 「田圃根岸道」では、刀を差しつける左團次、「ああ星が飛んだか」と受ける幸四郎との気味合いが生きる。
 二幕目「松江邸」。幸四郎は、使僧の間が作り過ぎて、却って品を落としている。緩急が平板で、出雲守の芝居を受けていないので、「まことに意外の御血色」の皮肉、「もってのほかなる御乱行」と決め付ける凄みとも不発。数馬(高麗蔵)が引っ込んで直ぐそわそわと金子を改めること、大膳に図星を差され、やたら声を上げて慌てるのもいけない。
 流石に、見顕されての啖呵は「河内山は御直参だぜ」と開き直るあたり図太さが出た。
 彦三郎の出雲守が、明晰なセリフ廻しに加え、「面倒じゃわえ」と席を立つ癇癖、或いは書院で河内山を一瞥しての未練とも行き届く。段四郎の高木が「あなたさまはなァ」の諫言、「我が腹一つに引き受けて」から「思案の極意は」と気を変える辺り、この男の苦衷が手に取るようで名品。幸右衛門の大膳は、もっとベリベリ突っ込むべきだろう。
 大詰「蕎麦屋」は、芦燕の丈賀が枯れていて良く、大蔵の手先、扇緑の蕎麦屋女房が良い。
 「大口寮」。染五郎は前場ではさしたることはなかったが、傘をさして、七三で振り返ってのキマリで、漸く追われる者の陰影を出した。時蔵の三千歳もしっとりとし、「一日逢わねば」と煙管で向こうを差す辺り、情が濃くなった。
 但し、今回の様に久々に鳥目の金子市之丞の件が出る場合は、純情一途ではなく、「比翼塚の昔に習い、長く浮名を残す」と開き直る一種の「毒」が必要な筈である。市之丞を尻目の盃事も、双方突っ込んで演じるべきだろう。最後は、河内山が三千歳を制して、直侍を見送って幕。「もうこの世じゃあ逢わねえぞ」のセリフが無いのも寂しい。京妙・段之の新造が良い。

2006年1月劇評
2005年ベストワン・ワーストワン
2005年11月劇評
平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る