新世紀の海老蔵誕生           犬丸 治

「テアトロ」2004年7月号


 「吉例に倣い、一つ睨んでご覧に入れます」。
 肩衣を脱ぎ、左手に三方を掲げた二十六歳の若者の、ちからの籠もった両眼が、ツケに合わせてクワッと見開く。
 歌舞伎座夜「口上」、新之助改め十一代目海老蔵の頼もしい船出。体調不良で他の役を休んでいる雀右衛門もこの席には列座し、昭和歌舞伎の生き証人として、この若者の引き立てを見物に懇篤に希う。横で息子の門出を眩しそうに凝視する團十郎。七日夜の観劇であった。
 その團十郎が、よもや十日に病に倒れるとは。「茨の道」の求道者たらんとしたこの若者の余りに峻険な前途は、「不動の申し子」に市川家の祖霊が与え給うた試練であろうか。
 確かに團十郎は、昼夜通して精彩が無かった。
 夜の襲名披露「勧進帳」。海老蔵の富樫は、下手揚幕から出た凛とした横顔、名乗りでの少壮武士らしい気負いが好もしい。「山伏を固ぁく」とか「この義屹度」などの台詞の要を粒立たせ、関守としての決然たる意思が前面に出ている。弁慶が本舞台に来て「心得てある」と進み出るイキ、「奥秀衡を頼み給い」とズッケリと図星を言い放ち、「問答無益」と咆哮する辺り、実に挑発的。富樫の側からドラマの緊迫を引き出している。「これにて聴聞」の不敵さ、弁慶の読み上げににじり寄って行く獣の様な剽悍さ。山伏問答も掴みかからんばかりの勢い。「九字の真言とは」など、喧嘩腰一歩手前で抑えている。
 これだけでも、十分ドラマが盛り上がる筈なのだが、團十郎の弁慶が、泰然自若というより、予定調和、まるで、二人の「一人芝居」を平行して観せられている如く、ドラマが噛み合っていなかった。
 彼の長所は、太い男性的描線で押し切る処にあるのだが、「ヤアレ暫く」の第一声、「切ったる山伏首は」等、切迫が乏しい。百五十年ぶりの團十郎・海老蔵共演というのに、ノット、読み上げ、問答も一通り。思えば疲労の極にあったのだろう。
 海老蔵の富樫の面白さは、直情径行の瞬発性。問答のあとも全く弁慶に「感心」して見えない。「早まり給うな」から「疑えばこそ」までの心理的曲折は今一つ不明瞭だが、思わず口をついて出た言葉に、自責としての死を即決する潔さがある。二度目の出で、弁慶の延年の舞に目をやる富樫は抜け殻の様。というより、弁慶を見送る身体から、「死」という一点への思念が強烈に立ち上っていた。
 團十郎は「日月いまだ」の悲嘆が大仰だが、「風波に身を任せ」や「人の情の盃を」の磊落など、後半持ち直した。
 菊五郎の義経が、「判官御手を」をはじめ品格ある御大将ぶり。
 昼の襲名狂言は「暫」。
 筋隈に車鬢・力紙・柿の素袍での揚幕からの登場は正に日輪の如しだが、ツラネもパサパサ切るなど、引立てへの警句が終始一本調子。唯一、奴を一息で吹き散らす場面に稚気がある。化粧声に合わせての正面での元禄見得は、グッと身を引いての睨みが流石に美しい。ウケとの問答、続く「つがもねえ」で荒若衆らしい力感を取り戻し、「言い分あるか」と言い放つ辺り、原初的な荒々しさが輝く。
 仕丁の首を切って太刀を担いだ形の良さ。七三でウケに対して太刀を構える辺り、「既成権威への挑発」という荒事の側面をクッキリ押さえている。これはウケの富十郎が良いからで、「自ら上る位山」と張る台詞の手強さ、金冠白衣で大杯を悠然と飲み干す芸容に加え、「しばらく」の一声から終始揚幕をキッと見込んで放さない。山中平九郎とまでは言わないが、そこから、祝祭劇を超えたドラマの緊張が生まれた。
 太刀下の芝翫が古風なマスクといい一級品、雀右衛門代役の芝雀も、横に並んで遜色無いのが偉い。左團次以下の腹出しも手揃い。三津五郎の鯰坊主の洒脱。「一つとや」のギバ一つでさらってしまうのだから偉いもの。時蔵の女鯰は手堅いが愛嬌が欲しい。段四郎の茶後見まで、大顔合わせの一幕。
 今月一番の傑作は、夜「魚屋宗五郎」の三津五郎。
 隅々にまで神経が行き届いている。七三での若い者とのやり取りで、分別を弁えたストイックな男の苦みの奥底に、耐え難い悲嘆の沈潜を見せる。「篤い御恩になったからさ」以下の長台詞も、「綺麗に四方へ」辺りの手拭い遣いの上手さで見る者を引き込み、「浮かび上がった親子兄妹」とグッ溜めて内省する辺り、家族ならずとも説得力がある。「虫を殺しておりますのさ」の沈思も、金の為に妹に犠牲を強いた自責が痛切。
 真相を知って溜めに溜めて「おはま、一杯注いでくれ」と差し出す呼吸、「癪に障ることは」と手拭いを投げるイキの良さ。「さてと」と下卑はじめ、おなぎへの悪態と進んでいく運びに間然とする処がない。「妹はな、木偶じゃねえんだ」の啖呵も憤怒が痛烈である。
 遠くで祭囃子が聞こえ立ち上がるまでの静寂が怖ろしく長く、ゾッとさせられる、そんな凶暴性がこの男から立上る。この狂気がこの一家を困窮させたのであり、それを救ったのが妹の妾奉公。己の弱さを知り、その自責故に酒を絶った兄の苦渋が手に取る様。
 磯部邸玄関先も「有難涙に」から哄笑に変わる呼吸、「面白くてねえ…親爺が笑えば」の哀楽の使い分け、全編溜飲の下がる「魚宗」。
芝雀のおはまもかいがいしい世話女房ぶりで好演。松緑の三吉がキビキビとイキが良い。菊之助のおなぎは、物語の底に義憤を一本通しているのが良い。松助の太兵衛はそつが無いが、もう少し若さを殺しても良い。彦三郎の浦戸が篤実で、寿鴻の典膳は手強さが欲しい。海老蔵の主計之助に酒乱らしい陰翳があり、主題を際だたせている。
 夜「白石噺」。
 雀右衛門代役の時蔵の宮城野が、全盛の花魁に相応しい格でしっとりと好演。菊之助の信夫も、妙に山出しの可笑味を当て込まず、可憐な中に秘めた情熱をキッパリ。富十郎の惣六が、立ち聞きながら全てハラに納める。「猪牙舟に乗った気で」の軽みや、幕切れの「間夫に逢うには」の呼吸の上手さが舞台を締める。吉之丞の遣手、歌江・鐵之助の宮里宮柴とワキも揃うが、後の二人は信夫を嬲っている様には見えない。
 昼「紅葉狩」。
 菊五郎の更科姫は呼び止めの出に、如何にも赤姫らしい厚味と豊かさとシンの強さがあるのだが、維茂の様子を伺って転調して行く運び、本性を覗かせてからの舞も平板。鬼女になってからも凄味に乏しい。梅玉の維茂が、如何にも貴人らしい端正さ。菊之助の山神が、キビキビと張りのある踊り。
 昼「伊勢音頭」。
 團十郎の貢は、前半どこかモッサリしている。「何、万野じゃ」の怒りから「万呼べ」の高揚、扇を切り裂いての立ち身といった芝居のカドカドは確かなのだが、キッパリしないの体調故であったか(8日所見)。
 流石に殺し場は、行燈に手をやり刀を振り上げ首を傾げた形が美しい。
 万野というと、歌右衛門の「お前は殿御、私は姫御前」の蛇の様な眼差しが瞼に残るが、芝翫は貢にお鹿との仲立ちを問われて思わず言い紛らすリアルさ、「言いかけとは何でござんす」の語気など、奸智というより感情豊かな、すがれた色街の女という手触りが面白い。魁春のお紺は情もあり、言葉とは裏腹の苦渋をしっかり滲ませて好演。
 田之助のお鹿は、こぼれる愛嬌の内に哀れがある一級品。貢の気を引こうと懐紙を丸めて投げるのが珍しい。友右衛門の万次郎は平凡、芝雀のお岸は手堅い出来。
 海老蔵の喜助はスッキリと粋で、意見事が軽いのは若さ故としても、「申し上げるも…如何なれど」と言い淀むあたり、ツボを押さえている。「そんなら奥の」以下の足取りの良さで、貢の「来い来い来い」が引き立つ好助演。
 他に、昼は梅玉・芝雀・松緑の「四季三葉草」。
 

2004年6月劇評
2004年5月「三津五郎の弁慶」

2004年4月劇評
平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る