仁左衛門初役の知盛                 犬丸 治

「テアトロ」2004年6月号

歌舞伎座は、昼「渡海屋・大物浦」の仁左衛門の知盛が良い。
意外にも初役。しかも先月の権太に続いて、立役の「卒業論文」とも言うべき大役に挑むのだから、その内的充実が知れる。
 知盛は、まず「渡海屋」の銀平の間が、厚司姿がすっきりと似合い、胸を反らせて煙管をくゆらせる辺り立派な押し出し。その風姿に加え、五郎らを組み敷く辺りの「もう堪忍が」で、磯の男の荒々しさ、骨太さを滲ませる。
「命の取り舵」のセリフ回しをはじめとする船頭詞も、本行を研究してコクがある。先月の権太同様、足取りが早い。冒頭の弁慶が安徳帝を跨ぐ件はカット。知盛の出で「鎌倉三代記」から採った「竜は天地に蟠り」の入れ事を省くのは判るが、「抑是は桓武天皇九代の後胤」という「船弁慶」の謡すらも省いてしまった。その結果上手屋台から登場するのは、陰火の燃えるような凄惨さでは無く、「威あって猛」き凛とした新中納言である。
仁左衛門の知盛にとって、幽霊の仮装は、あくまで鎌倉の頼朝を討ち果たすという大目的の為の手段に過ぎない。しかし「大物浦」に至って様相が一変する。
知盛は企てが破れたことを「天命」と一旦諦観しながらも、源平相克の輪廻を捨てる事が出来ず、「この世からなる悪霊の相を顕す」。手段のつもりが、いつしか彼自身が怨霊と化す皮肉。その醜貌を鏡の様に映し出すのが、安徳帝の無垢である。
ここで仁左衛門の知盛は、己自身が「討っては討たれ」という六道の苦患の集積であることに気づくのだ。四人武者を切り払って、渇きを癒すために自らに刺さった矢を抜き、血を嘗める姿が悪鬼の如く凄絶で、この知盛の覚醒と、後半の物語の伏線になっている。
「姫宮を御男宮といいふらし」というセリフを割愛したのは問題だが、むしろ仁左衛門が描きたかったのは、運命論に翻弄されるのではなく、主体的に行動し「見るべき程の事は見つ」と言い放ち入水した「平家物語」の武人知盛に近いと言えよう。「大物の沖にて判官に、怨をなせしは知盛が怨霊なりと伝えよや」というセリフは、己の死によって過去の負の連鎖を全て水底に沈めようという決然とした響きがある。新たな知盛像の発見。
 芝翫の典侍の局は、お柳の間の如才なさ、空あいを巡る物語など手に入っている。十二単で二重に居る間は立派だが、「いと尋常なる御姿」から檜扇での泣き上げ、御製の件など、感情過多で、悲劇のスケールを小さくする。
福助の義経は、線が細いのに肩を怒らせているのが不自然で、落魄の哀れが欲しい。幕外の瞑目に知盛鎮魂の万感の思いを見せたのは良い。左團次の弁慶が堂々たるもの。勘九郎の相模五郎は「渡海屋」で人形の首を思わせるベリベリとした端敵ぶりを見せ、注進の描出力も良い。三津五郎の丹蔵は、前半では殊更目立たず、後半で手負いの哀れをしっかり見せていて感心した。
 昼「番町皿屋敷」。
 三津五郎の青山播磨が、綺堂の彫琢された名セリフを朗々と謳い上げる。初演の二代目左團次の様な男性的な強い描線ではないものの、山王下で町奴に斬りかかる癇癖など、奥底に譲れない一線を持った硬質な男になっているのが良い。下手をすると頭でっかちな戯曲になってしまいがちだが、自分の内面を土足で踏みにじられたからこそ、愛する女を殺す、という心の経緯が、三津五郎の場合明快だ。
 福助のお菊は、お仙の話を上の空で聴く間、或いは一人舞台で疑念と焦燥に煩悶する件など、上滑りせず丁寧に見せる。但し、皿を四枚まで数え、「一生に一度の男」と播磨を凝視する件など、死に直面しての法悦の掘り下げが欲しい。
 芝のぶのお仙が、お菊と対照的な浅薄さを巧く出し、秀調の十太夫は篤実だが老けはまだ無理。市蔵の権次が実直でキビキビとした奴ぶり。信二郎の放駒は、線が細く播磨と拮抗する貫目に乏しい。特筆すべきは田之助の真弓。如何にも大身旗本の後室らしい品格と芯の強さがあり、これでは播磨も只「ハア」と生返事するしかあるまいと思わせる。逸品。
 昼「棒しばり」。
 踊りの名手二人の手を戒めたら、という柿紅の皮肉な趣向から出発した狂言だが、勘九郎・三津五郎ともにサービス精神過剰で、酒蔵を開ける件や盃が飲もうにも飲めぬ件など、踊りから離れてコントになる。三津五郎がひとさし舞う件や、勘九郎の酔態の舞の前半が規矩正しいだけに、惜しまれる。弥十郎の松兵衛に駘蕩とした味があるのが良い。
 夜は東京では約9年ぶりの「白浪五人男」の通し。
 百両の金や重宝胡蝶の香合を巡って、人間たちの運命が「見えざる手」によって操られていく。登場人物は皆「実は」という背景を背負っていて、若侍の赤星から番頭まで、悪の本性を内包しているという黙阿弥の醒めた視角。特に今回は「蔵前」が出ることによって、人間ドラマとしての作品の深みが一層増した。
 確かに、駄右衛門と宗之助が親子というまではついて行けるが、幸兵衛と弁天までがそうだとなると、失笑を禁じ得ないであろう。
しかし今の世の中、「出来すぎた偶然」が如何に多いことか。いつ我々は、列車テロの乗客として、凶悪犯罪の犠牲者として、或いは偶発的事故の災厄に遭うかも判らない。「芝居の様な話」だからこそ、「蔵前」は逆にリアリティがあるのであって、「花紅彩画」の目眩く光彩は、二組の父子の運命を狂わせた初瀬寺祭礼の夜の闇によってこそ補完されているのだ。
序幕「花見」。勘九郎は小太郎を名乗ってのふっくらとした若衆のやわらか味、桜を愛でる心で見やる辺りの色気が良い。辻堂で本性を顕す件は、小気味良さだけではなく変わり身の凄味が欲しい。
三津五郎の駒平実は南郷は、「新薄雪」のパロディを心得た、色奴の機嫌の良さと愛嬌。芝喜松の柵も、古風なマスクが生きている。福助の赤星は、やつし姿で手桶と数珠を持っての出の、若侍らしい品の良さが第一。信二郎の忠信も、図太く手強い線を出して成功している。七之助の千寿姫は、赤姫らしい華に乏しく、特に濡れ場の後の上手茶屋からの出など、しっとりとした色気が欲しい。谷間のだんまりは、一同スカスカとして、草双紙を繙くとは行かない。皆、暗闇を身体に意識していない。大百四天姿に引き抜いて、刀を担いで束に立った仁左衛門の駄右衛門が大立派。幕外、スタスタと歩いて気を変える、勘九郎の弁天も愛嬌がある。
 「浜松屋」は、通しの中に組み入れられると、女装発覚の意外性から、駄右衛門一味の「お勤め」の入り込みの為の「劇中劇」に性格が変わる。勘九郎もそこは弁えていて、爛熟退廃の申し子というよりは、健康的で歯切れの良く、足取りの早い運びである。粘着質に居座るというのではなく、「晒は一本切って来たんだ」などキッパリとして、「筋を運んだ狂言廻し」(蔵前)に徹している。「知らざあ言って」の名セリフも敢えて謳い上げることなく、淡々と運ぶ。そこから言葉が粒立ち、自ずとこの若者の歩んで来た軌跡が見えて来る趣向だ。
三津五郎の南郷も「よも万引とは言われまい」の時代・世話のセリフの緩急、弁天とは対照的に名乗りもタップリ謳って聴かせる。もう少し男臭さが欲しい処だが、今月昼夜四役出ずっぱり、連続安打の敢闘賞。
弥十郎の幸兵衛、市蔵の鳶頭、助五郎の悪次郎が良い。
終幕大屋根の立ち回りは、勘九郎がカドカドの極りの美しさから、最後早間で目の覚めるタテを見せる。山門の仁左衛門の駄右衛門も大きく、この「動く錦絵」を締め括った。

2004年5月劇評
2004年3月劇評

平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る