お七情話の極北               犬丸 治
 
 「テアトロ」2004年4月号

 二月歌舞伎座の見物は、夜「三人吉三」通し、玉三郎初役のお嬢吉三である。
 真女形のお嬢というのは近年稀有ではないか。しかし、そもそも黙阿弥の書き下ろしは美貌の女形粂三郎(後の八代目半四郎)に宛てたものであった。
 五歳で拐かされ、旅役者暮らしの末悪に奔った美少年。黙阿弥は、女形に「女形崩れ」の盗賊を演じさせるという皮肉な趣向を用意した。そこでは女形役者はまず「男」を演じ、そこに「女装」を重ね合わせるという二重の虚構性を要求される。玉三郎もその意図を汲み取り、大川端でおとせを呼び止め、本舞台で人玉に怯えて縋り付く辺り、過剰な「女形」ぶりを見せているのが良い。
 おとせが財布を落とし、お嬢が目を付けるという運びも原作通りである。厄払いのセリフも敢えて謳わず、ぶっきらぼうなのが却って刹那的な若者のリアリティがあり、お坊との渡り合いでの太々しい小野郎ぶり、和尚のセリフを立て膝で聞いている辺り、熟れた色気が匂い立つ。團十郎の和尚、仁左衛門のお坊と「三人一座で」とキマると流石に大舞台である。
 発見は「吉祥院」にあった。
 欄間から覗く顔の美しさ、「俺もお前に逢いたかった」と二人手を携える辺り、倒錯的興味以上に、玉三郎が真女形ゆえに、観る者に「お七吉三」の情話世界の既視感を刺激するのである。
 元よりお嬢はお七ではない。
 「八百屋お七の名を仮て」(初演カタリ)。
 つまり既に前提に「お七吉三」の虚構世界があり、盗賊お嬢はお七という虚構の生を生きている。いや、この男の人生そのものが、様々な仮面を被った虚構の人生であった。玉三郎が艶麗な娘姿で、お坊に男声で生い立ちを語る時、その数奇な転変が鮮やかに浮かんだ。
 お嬢の生を通して、情趣豊かな男女の情話を相対化・虚構化した極北には、因果の理に抗うピカレスクたちの饗宴が待ち受けているという作者の仕組んだ「企み」がクッキリと出た。
 團十郎の和尚が堂々たる押し出し。父に代わって因果のおののきを一つ一つハラに納めて行く辺り行き届いた出来。仁左衛門のお坊が如何にも良家の育ちで、伝吉殺しも辻斬りもどきの荒みが無いのが良い。吉祥院の黒の着附が色気がある。
 大詰の火の見櫓も演出を変え、廻り舞台を活用してダイナミックに見せる。左團次の伝吉は、好人物過ぎて陰翳が無い。西川岸で十三郎に「戌(歳)さ」と何の屈託も無く言うのがそもそもハラが無い。流石にお坊に開き直ってからは手強さを見せる。七之助のおとせは陰があって良く、翫雀の十三郎は平凡。西川岸から入るなら、その前の二人の畜生道の契りから出さないと不精だろう。吉弥の実直な久兵衛、松助の武兵衛、市蔵の源次坊、菊十郎の妓夫、権一の番太、升寿・守若・京蔵の夜鷹が良い。開幕早々、仕出しが「さっきの伯円の講釈には『感動』しました」と言ったのには呆れた。
 夜の打ち出しは時蔵の「仮初の傾城」と三津五郎の「お祭り」。
 特に後者は「頭々と」の愛嬌、字余り都々逸、おかめを付けての悪身、絡みの若い者のあしらいと、いずれも小気味良く、溜飲が下がる。今月これ一役とは如何にも勿体ない。
 次いで良いのは昼「毛谷村」の吉右衛門の六助。
 開幕修羅囃子で歌昇の弾正と相対している顔が実に良い。無垢な、底抜けな善意が滲んでいる。役人の悪態をヘイヘイと聴いている間の愛嬌。下手柱に手を添えて、鶯にジッと耳を傾ける情趣。それが弾正の母孝行への共感と相俟って、亡母への供養へと思いが移り、仏壇の母への語りかけ、母を失った与三松への涙へと通じる、母を恋うる六助の思いが間然とする処がない。これだけでも一見の価値がある。
 時蔵のお園は女武道ぶりはキッパリしているが、「家来の一人や二人」の件や、「可愛や弟は」の浪人を絡めてのクドキなど、理屈抜きの件が内輪になり、突き抜けないもどかしさがある。
 東蔵のお幸は立派な後室。入り込みから観て見たい。歌昇の弾正は、手強さも無く、七三での見得など小粒。咲十郎の絡みの浪人が、附際で必要以上に思い入れするのは、芝居の流れを止める。
 昼「良弁杉由来」は、「志賀の里」「桜の宮」を出す。これを説明に終わらせていないのが鴈治郎の腕。
 若やぎ、ポッテリとした鴈治郎の渚の方が、幼い光丸に頬擦りする。その皮膚感覚が、後の親子再会の見事な伏線になっている。物狂での集中力も流石で、この女の身体を通り過ぎた歳月の無惨さを、ドラマとしてクッキリ構築している。
 「二月堂」の仁左衛門の良弁は品格があるが、惜しむらくは早く泣き過ぎて、再会の抱擁が盛り上がらない。人形では殆ど動かない役。あくまでハラに納め、「そもじが」で迸らせるべきだろう。我が身を恥じる切実味、輿に乗った母を童心に帰って見つめる後半が良い。鴈治郎は老残の中に品を失わず、物語で「霞に隠れ幼子の」で耳をそばだてる辺りの描出力、再会して「永の苦労も」と微笑む辺り実感があり、「光丸」と思わず頭を撫でる辺りホロリとさせる。ほかに翫雀の船人と扇雀の蝶々売。 
 昼「茨木」。玉三郎初役の真柴が、六代目梅幸ばりの長身を生かしてさぞや凄絶と思いのほか、さにあらず。
 門外での物語は「門に縋りて」に重点を置いているが、「玄冬素雪」の件など、綱をホロリとさせる芝居気が欲しい。「行きつ戻りつ」もイキが抜け、舞台の綱との見えざる緊張感を欠いている。
 呼び戻され内に入ってから、例えば晴明の命令と聴く辺りや曲舞のカドカドなど、語気や挙措に殊更妖気を滲ませることは無い。「心あり気に」と唐櫃を見るのと、「露散りて」で扇を落とすので十分。これだけ挙動不審だと、疑わない方が可笑しい。
 唐櫃を覗いて顔色を変え、正体を顕わす凄みも、瞬間的過ぎる。ジッとイキを詰める処だろう。後シテも凄みが乏しく平凡な出来。團十郎の綱は、名乗りや物語の「髭切という太刀を」などキッパリして立派。が、肝心終幕の口を開いての大見得は、叔父松緑の面影を彷彿とさせたものの、今一つ大きさが足りない。
 隼人の音若が行儀良く清々しい。権十郎の右源太。段四郎の士卒運藤が枯れた味を出している。前名源助から襲名した小鼓の田中傳左衛門が、烏帽子に威儀を正し、凛々しい面構えである。
 昼「市原野のだんまり」。周延描く武者絵の画趣そのままの活歴趣味と、だんまりの古怪味が所詮水と油。三十年振りの虫干しも、梅玉・左團次・玉太郎の三人にはご苦労という他ない。
 毎回、埋もれたれた小芝居演出に光を当てる歌舞伎フォーラムは「壺坂霊験記」(日本橋劇場)。
 普段はお里沢市に観音様の三人しか出ない地味な芝居に、沢市と二役早替わりで遊び人雁九郎が絡むのがミソ。 又之助の雁九郎が、色気・凄味とも備わり、七三で「春の日は長えなあ」とうそぶく辺り本役。辻堂の鈴の房が首に絡まって死ぬという趣向も如何にも霊験譚らしい。沢市との早替わりが、お里を苛む枷として生きている。二役沢市は、女房にふと兆す不信と僻みの掘り下げが弱いので、後段の悔恨と「せめて未来で」に込めた死の決意が生きない。流石終盤開眼しての夫婦の喜びでは持ち直す。
 歌女之丞のお里は、しっとりとした世話女房ぶりで、「明けの七つの鐘を聴き」や辻堂での嘆きなど、押すところはタップリと糸に乗っていて手堅い。勘之丞の大家は因業にならず人の良さが出る。
 他に京紫の「英執着獅子」。「歌舞伎に親しむ」は床山の実演に、伊助の「俄獅子」。

2004年3月劇評
2004年1月劇評
2003年ベストワン・ワーストワン
平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る