梅川と権太            犬丸 治

 「テアトロ」2004年5月号

 歌舞伎座昼「新口村」。雀右衛門の梅川が絶品である。
 孫右衛門からの金を「逆さまながら」と受け取る、その一言に死とまさに対峙している女の哀しさ・厳しさが滲む。金を契機として、心は自ずと忠兵衛との蹉跌へと至る。「仮駕籠に日を送り」とフッと向こうに目をやっただけで、奈良から三輪への逃避行と、二人がこれから歩むであろう道が、舞台に真っ直ぐ浮かぶのだから怖いものだ。浅黄幕を切って落とし、糸立から覗いた顔の、驚くばかりの瑞々しさ。忠兵衛と凍える手を暖める辺りの色気と情味。老父の懐紙を「形見にさせたい」と窓越に忠兵衛に渡し、泣く背中が美しい。孫右衛門の苦渋を、俯きながら終始ハラに納めて行くのも手に取る様で、年齢を超越した芸の艶である。
 仁左衛門の孫右衛門も、梅川が鏡の様に悲哀を受けてくれるせいもあるが、若さを殺して、「老足の」の出から、既に仏に後生を祈るしか術のない老親の孤独を滲ませているのが良い。「憎い奴とは思えども」と慟哭する件、或いは終幕、遠見の子役を見ての「血の涙」、二人の後ろ姿を追って得も言われぬ寂寥に襲われ、松の木の元でガックリと合掌するまでの心の運びも無理が無い。二役忠兵衛も悪かろうはずは無く、梅川のクドキをジッと受ける間の色気が良い。ワキでは権一の百姓、松之丞の忠三女房が良い。
 夜「すし屋」。
 愛児の巾着に頬ずりして落入る権太。自ら手を下した息子の死を前に、只頭を抱えて慟哭するほかない弥左衛門。仁左衛門の上方型権太は、音羽屋型が「洗練」の名の下に犠牲にした本文行間の珠玉を掬い取り、鮮やかな一枚の「家族の肖像」を描き出して見せた。
 「木の実」で、軽く下手に出ながら「くすねたであろう」と悪を利かせる運びの巧さ。「出しさらせ」の大胡座など、近年に無い凄味の権太。その癖、主従を見送る「甘い和郎のう」では無邪気な悪戯っ子の顔に戻り、女房小せん(秀太郎)には頭が上がらない。親子三人でのやりとりが、惚れ抜いた女房というスケッチと同時に、後段小せんが身替りを申し出るという設定を納得させる伏線として利いている。
 「すし屋」で弥助とお里の間に胡座をかいて割り込む辺り、一家の鼻摘みという存在が明快だし、老母(鐵之助好演)への無心で膝に顔を埋めるのでも、権太と両親との関係の濃淡が良く判る。権太がいる間に父が戸を叩き、鮓桶を老母に指さしての「息を詰めてぞ」の引っ込みも、東京とはひと味違う面白さだ。
 後段の首実検、梶原との応酬も、足取り早くく運ぶ。小せんと善太を引き据えて手拭いで涙を拭う、或いは松明で目が染みると装っての「煙たいなあ」、陣羽織を着ながらさり気なく二人に目をやる運びなど流れる様。「縄付き」で二人の姿を追い、俯く悲哀も良いが、見送って本心を語る心で浮き立って本舞台に戻り、弥左衛門に刺される段取りが皮肉。当然、本文通り自分で善太の笛を吹く。「親父さん、堪ったもんじゃごんせんわい」と縋る辺り、頑なな父の機嫌に与ろうとしたこの男の突き詰めた思いが滲んでいて良い。対する吉弥の弥左衛門も、如何にも堅親爺で、「今直る根性が」と息子を抱きしめる件の苦い悔恨と和解が胸を突く。
 その一方で、小金吾の荷物の重盛の絵姿(人相書をカットしたのは当然)、弥左衛門の前身に触れなかったのは可笑しい。三千両の黄金を騙り取ろうとした盗賊の息子が、妻子と「がらりと出でたる三貫目」とを引き替えにする。そこにこそ、聖人重盛の見えざる掌の上で贖罪を運命付けられた庶民の悲劇が浮かぶからだ。
 梅玉の弥助はつっころばしが大仰だが、「親御の気風」の辺りの気品と和事味が良い。孝太郎のお里は、蓮葉を通り越して、クドキすらチャリがかっているのが心得違い。左団次の梶原が立派な押し出し。東蔵の内侍は些かトウが立つが確かな仕事ぶり。愛之助の小金吾は、権太に強請られ扼腕する辺り、単にキッパリとでは無く、和らかさを備えているのが良い。
 夜「大石最後の一日」。
 同志全員の高潔な死という「初一念」の貫徹に賭ける大石を、幸四郎が彫り深く見せる。その「初一念」が、おみの(孝太郎)の出現によってマキヤベリズムの批判に曝され、磯貝(信二郎)が真情を吐露し、二人の愛が「偽り」から「まこと」に転じることによって浄化される、青果戯曲への幸四郎の読みは的確だ。但し、真山美保演出が内記(松也)から荒木(東蔵)に至るまで感情過多なことと、最後の引っ込みの「初一念が届きました」は晴れやかでありたい。我當の堀内が実直。
 昼「先代萩」。
 「飯焚き」は出ず、「竹の間」から「御殿」と通すと、確かにドラマとしては良く筋が通るのだが、「竹の間」など、菊五郎の政岡から菊之助の松島に至るまで、対テロ厳戒態勢の緊張が全くないのが困る。加えて段四郎の八汐が憎体ぶりに乏しく、時蔵の沖の井の長口舌も溜飲が下がらない。
 「御殿」での菊五郎も、「涙一滴目に持たぬ」烈女というよりは、千松への母性が剥きだしになる。クドキだけならそれで良いかもしれないが、丸本物の女ではない。芝翫の栄御前は立派過ぎて愚かしく見えない。富十郎の男之助に量感があり、幸四郎の仁木の幕外の笑みに凄味。但し、長袴を持つ手が小刻みに震えたり、神経質で良くない。魁春の頼兼に鷹揚さと気品。松緑の谷蔵に愛嬌と力感が欲しい。清水大希の千松が、「渋面作り」など殊勝。山口千春の鶴千代共々、子役の健闘が薄味の芝居を救っている。
 昼「藤娘」。
 芝翫は、まるで大ぶりの藤の房の様な古風さなのに、踊り出すと藤音頭など忽ち細密な「念押し」で詩情・余韻を塗り潰してしまうのが惜しい。
 夜「達陀」は、修行僧の煩悩と、終段の群舞とが遊離。仰々しい道具建ての割に空虚さだけが残る。
 
 国立劇場は、鴈治郎指導による、珍しい上方演出の「加賀見山」の通し。
 岩藤が若侍に横恋慕したり、尾上が武術の嗜みもある主体的な人間に描かれるなど、人物造型の解釈が面白い。一方「竹刀打」が省かれて、お初と岩藤が顔を合わせるのが「奥庭」のみなので、女二人の対決軸が今一つ弱い憾みもある。
 亀治郎のお初が、尾上への一途で健気な思いを丁寧に描き込む。「長局」での意見事、特に「塩谷殿は大不料簡。サ、なぜと御意遊ばせ」の件など十分にイキを詰み、義太夫のコトバの研究の痕が見て取れる。仏間に駆けつけての草履での寝刃、藤の釣り花を切り落とすイキなど終始車輪に、女の一念を見せているのが良い。「長廊下」の奥女中たちの会話で謀議を知るのは、やはり本行通り弾正と岩藤の話を立ち聞く方が映える。
 翫雀の岩藤は、奥庭で傘を差しての黒の着付など、芸の輪郭が増したが、憎体が徹底しておらず、求女を口説くだけの色気が欲しい。花見幕切れの「お刀を穢しました」など、両者が渾然一体になるからこそ面白いのだ。
 扇雀の尾上は、町家育ちの慎ましさとしっとりとした落ち着きを見せ、草履打で一人残っての引っ込みをはじめ、登退場にキチンとアクセントをつけている。但し、竹本に乗せて書置を書く件など、集中力の糸が切れる。彦三郎の弾正が手強く、亀鶴の求女が凛とした若侍ぶり。亀三郎の主税も小気味良い。橘三郎の軍次兵衛は善悪不明。吉三郎の桐島が良い。
 「先代萩」にせよ「加賀見山」にせよ、演者が六代目歌右衛門から自由になっていることに改めて気づく。やはり彼一代の芸か。
 三月三十一日は没後四年である。

2004年4月劇評
2004年2月劇評
平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る