佳品・雪の雛      犬丸 治

「テアトロ」2006年6月号

 「桜雪忌」。
 桜花と時ならぬ雪に送られた六代目歌右衛門の忌日を、私は秘かにそう呼んでいる。早いもので没後五年、歌舞伎座はその追善である。故人由縁の「娘道成寺」「関の扉」や、重厚な丸本狂言が並ばぬのが寂しいが、その渇きを癒してくれたのが、夜「井伊大老」である。

 吉右衛門の父・白鸚、魁春の父・歌右衛門にとってそれぞれ最期の舞台。その格別の思いが、仙英禅師の「一期一会」さながらに、演者二人の静かな語らいの中から香って来る。吉右衛門の直弼は、懐深い輪郭の大きさと同時に、誹謗の中で忍ばねばならぬ鬱積をお静の方に切々と吐露する弱さを併せ持ち、圧巻である。対する魁春のお静の方が、時に正室への悋気も隠さない童女のような可愛らしさと、今は大名の愛妾として直弼を見守りながら、心は常に彦根の昔日にあるというこの女の慎ましさをしっとりと見せる。吉右衛門が彦根の日々を想いやり、魁春がふと向こうに眼を泳がせる時、埋木舎が眼前に浮かぶかのよう。

 終幕、後世に知己を求めずともよい、と直弼を励ますお静が良い。魁春だと、自らを日陰者と律して来たこの女の処世がクッキリと出る。捨て石として黙して死んでいくという井伊とお静がしっかりと肩を寄せ合う件が惻々と胸を打つ。かつて歌右衛門のお静に鍛えられた吉右衛門が、芸の恩を舞台で返し、魁春も正面からそれを受けて立つ。追善とはかくあるべしという舞台。
 富十郎の仙英は、衝立の揮毫を見て剣難を悟るのを背だけで見せる。歌江の雲の井、吉三郎の側役とワキも揃う。

 夜「伊勢音頭」は、仁左衛門の貢がいい。
 まず、刀詮議に心を砕くピントコナとしての性格が一本通っていること。型と性根が一体化し、間然とするところがない。煙管に火をつけようとしてお紺に背を押され、見上げて喜ぶが「派手なことな」といわれいぶかる表情、お鹿とのやりとりから仲立ちを問いつめ「万野呼べ」となる運び、万野の病尽かしに思わず立ち上がり刀を探すが、無いので帯に手をやる形の良さ。それぞれ、お紺の前で取り繕おうとして、逆に歯車が狂っていくのが手に取るよう。
 昨今、妖刀下坂の因果を強調しがちだが、仁左衛門の貢は元々エキセントリックな男に描いており、夏の夜の惨劇に繋がっていくのが面白い。上手に二階を設けない松島屋型だが、黒の羽織に絣と着付はいつもの通り。万野を斬る時暖簾を肩にかける型は、やはり浅葱の方が似合うと思う。

  時蔵のお紺は、万野と貢のやりとりをジッと聞き、ハラを決めていく辺りが良い。福助の万野は表情だけで憎体を作ろうとし、ひとり怪談劇のようで浮いている。東蔵のお鹿が「相の山」でお紺に意気地を張る辺り、哀れさと愛嬌があって良い。梅玉の喜助は実直だが線が細く、玉太郎改め新松江も万次郎は和事味に欠く。歌女之丞の千野が良い。勘太郎のお岸。
 昼・雀右衛門の「高尾」は、「動かない
」ことが既に芸となっている。せり上がった時の横顔の色気といい、凝縮された十九分。
 昼「関八州繋馬」は、近松絶筆が原作といっても、常磐津・長唄あり、「紅葉狩」もどきの二枚扇や「関の扉」風の場面もあって、顔見世舞踊「蜘蛛の拍子舞」に肌合いが近い。魁春の如月姫は手堅い踊りだが禍々しさが欲しい。結局、初舞台玉太郎を披露した吉右衛門の里の男の飄逸、葛城山麓での仁左衛門の良門の錦絵の如き国崩しぶりが舞台を掠う。

 昼「孤城落月」。芝翫の淀の方は、神経質さが無くなった分、内膳の諫めを心うつつに聴いている間や、幕切の立身など、品格と大きさが出た。勘太郎の秀頼が、セリフを良く謳っているのと、最後脇差を奪って見上げる運びに、この青年の優しさを滲ませていい。芝喜松の饗庭の局が「ご尤もともお道理とも」という例の逍遙の修辞をよくこなしていた。乱戦の裸武者は国生。大坂城内は兵糧事情が良かったらしい。

 夜「時雨西行」。藤十郎の江口の君、梅玉の西行とも、位取りなど申し分ないのに、普賢菩薩示現が仕出来さないのは、一筋縄では行かないこの曲の難しさだろうか。

 昼「狐と笛吹き」。梅玉の春方は、ともねの遺骸を抱いて入水する姿の端正と清々しさは良いのだが、禁忌を破ってまで結ばれようとする件が綺麗事に流れた。福助のともねは、折角楚々としていたのに、正体を顕す前後、拗ねたり甘えたりする処で妙に作り声をして見せるが、品を落としている。夜「口上」で、故人の竹馬の友・又五郎が元気な姿を見せたのが何より。


 十三年目を迎えた渋谷コクーン歌舞伎は、原点に還って「東海道四谷怪談」の通し。二部構成で、「南番」は本水の戸板返しなどを見せた従来のコクーン版だが、串田和美が今回構想も新たに演出した「北番」が面白い。

  地獄絵図のような背景に、簡素な舞台装置。下座音楽を使わず、全て洋楽。それでいて、普段出ていない小仏小平の件を含め、原作の流れをほぼ忠実に、三時間強で一気に見せてしまう。歌舞伎本来の音楽性を捨て去ることで、逆に南北の生世話のセリフが生き生きと粒立つ。「地獄宿」「三角屋敷」での直助・与茂七の応酬など息もつかせない。下座はなくとも、役者が歌舞伎の身体だから、洋楽に合わせても、立派な歌舞伎である。
 勘三郎は「南番」ではお岩・小平・与茂七三役を兼ね、特に与茂七は「地獄宿」の和実ぶり、「隠亡堀」で樋の口を出た後のダンマリでのキッパリとした味わいが素晴らしい。「北番」ではお岩と直助。このうちお岩は、「浪宅」で上手屋体での病み疲れた姿、薬を飲んだ後火照って産着を取り落とす段取りともに行き届く。真相を知っての「さぞや笑わん」が、尊厳をとことん踏みにじられた女の哀しみに裏打ちされているのが良い。何より、髪梳きの細緻な型が、メリヤスや風音が無くとも違和感なくピタリとハマるのには驚いた。そこが歌舞伎の堅牢さであろう。

 直助は、愛嬌と軽味が効き過ぎて、「地獄宿」で開き直る悪の凄味と、畜生道に堕す陰翳が乏しい。
「南番」弥十郎の直助の茫洋とした押し出しが本役。「三角屋敷」は、近くの法乗院でお岩・小平の弔いをしていることを強調した方が良い。「仏孫兵衛内」との「行ってこい」は、言わば戸板返しで、櫛と薬という、お岩小平の妄執の成就を示しているのだから。

 橋之助の伊右衛門は南番・北番とも悪が利き、色気のある二枚目ぶり。特に北番では、お岩に愛と未練がありながら出世に眼が眩む心の揺れ、お岩の変貌に触れて可愛さ余って嗜虐的に責め立てるこの男の脆さが掘り下げられた。北番では又之丞と二役替わることで、「裏表忠臣蔵」としての「四谷怪談」の性格が良く判る。笹野高史の宅悦(北番)が枯れており、手強い喜兵衛・お熊ともに好演。弥十郎の孫兵衛・左門(北番)が手堅い。

 扇雀の与茂七(北番)がキッパリとし、小仏小平も単に実直だけではないかたましさがある。七之助のお袖(北番)は気強いシンがあって良いが、与茂七が生きていると知ってから、死を決意するまでの心の運びが弱い。小山三のおいろ(南番)が正札附の一級品。お梅は、南番の七之助が可憐で良い。北番では、新悟に赤姫の扮装と奇妙な息継ぎを与えて、この女の奇矯な性格を際立たせていたのが面白い。

 このほか、北番では「裏田圃」での子役を使っての遠見、「隠亡堀」での波後見による川面など、随所に串田らしい才気が光っている。終幕、地獄の苦患に堕ちていく直助、這い上がろうとする伊右衛門のイメージが鮮烈である。

2006年5月劇評
2006年3月劇評
平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る