染五郎の与兵衛              犬丸 治
「テアトロ」2011年4月号
 正月四座で華やかに幕が開いた東京の歌舞伎も、今月は花形一座のみというのは寂しいが、どうして中身は充実している。

第二部・染五郎の「女殺油地獄」。
 最近の上演は、原作下巻前半のお吉殺しまでだったが、今回は久々に与兵衛の遊興と捕縛まで、齊藤雅文補綴で全て通す。意欲的仕事である。
 序幕、従来の徳庵堤の前に、原作の「野崎参りの屋形船」にひかれてか、会津の大尽の屋形船の場をつけるが、これは蛇足。染五郎の与兵衛はいかにも蕩児で、朋輩・お吉、叔父と対している間にコロコロと態度が変わる、カメレオンのような不気味さが良い。当初は如何にも仁左衛門写しであったが、次第に我が物にしてきた。
 亀治郎のお吉は、子を連れての出が所帯染みて良いが、与兵衛に接するあけすけな愛想の良さと眼差しが、一線を超えているように見える。夫に誤解されてもやむ終えない女だ。錦吾の森右衛門が手堅く、亀三郎の八弥が馬上ながら凛とした声音を聞かせる。門之助の七左衛門が、如何にも物堅い実直さである。

「河内屋」は、彦三郎初役の徳兵衛が出色。いかにも、使用人上がりの腰の低さと実直さ。親方から譲られた家を守り抜くこと、それを生きがいとする一徹な老人となっており、上方狂言に良く溶け込んでいる。特に与兵衛を見送っての「死なれた旦那に生き写し」の述懐が痛切。
 秀太郎の母おさわは、意見は手強くて良いが、どこかで「武士の出」というシンの強さがあっても良い。武士・町人・使用人。一見堅実なようでいて、それぞれの立場からの遠慮・忖度・矜持が歯車を狂わせて行くのだから。
 与兵衛は、妹の述懐を聞きながら、下手柱でふてくされる表情、父の意見をヘラヘラと聞いて、算盤をはじいている掴み所の無さが良い。亀鶴の兄太兵衛が篤実。この作品の中の唯一の常識人といって良く、不甲斐ない両親への冷静な批判者になっている。宗之助の妹おかちが可憐。

殺しでは、前半の徳兵衛・おさわの情愛がやはりしみじみとする。与兵衛が来て、お吉が「徳庵堤での言い訳にどれだけかかったか」と愚痴を言いながら、フッと髪に手をやる色気が良いが、玄人筋に見えるところがある。その色気が与兵衛の「いっそ不義になって」の一言を引き出す。
 ここの床の「言う顔じーっと」の、舐めまわすような目つきは、仁左衛門が絶品だったが、染五郎も良く盗んでいる。結局押し問答になり、金を貸さぬと言われて、本釣鐘になり、脇差に目が行き、殺意が兆し、奥の寝息を確かめる運びが良い。金策が尽きたら、一気に殺人に飛躍する。異常の領域に踏み越える瞬間が、染五郎は上手い。殺したあと、我に返って俄かに震え出し、鍵を探るとき顔を背ける辺りに、この男の人間が出ている。

殺しの場が廻って、北の新地。
 殺害から一ヶ月後だから本来幕を引くべきだろうが、後段の「逮夜」で行って来いになる効果も捨てがたい。与兵衛は劇場内通路から登場するなど工夫があるが、遊興は一通り。親を喜ばせたいというその口で遊興しているのだから、もう少し書き込んでも良いだろう。
 ついで豊島屋逮夜の場になる。ここで、羽織を担いで登場する与兵衛が、序幕徳庵堤の登場とピタリと重なる。つまり、与兵衛という若者の人生が、ぐるりと円環になる構成なのだ。殺した女の家に平然と手を合わせに訪れる。七左衛門から証拠の血染めの証文を見せられてもシラを切りとおすばかりか、「寄れば蹴倒し踏みこかし」と持ち前の凶暴性を発揮する。この辺りの染五郎の無反省さが良い。
 最後「仇も敵も一つ悲願南無阿弥陀仏」と殊勝に縛につくかと思えば、捕手を蹴り倒し、取り押さえられる。夕陽を浴びながら、不敵な笑みを浮かべながら引っ込む与兵衛。下手で身を縮めてジッと見守る亀鶴の太兵衛が、徳兵衛・おさわ夫婦の分身の様で、哀れであった。なぜ、河内屋与兵衛という怪物が生まれたのか。近松は、前述した円環を描いただけで、答えを観客に委ねている。それが怖い。


 これに先立つ第一部・亀治郎初役の「お染の七役」は面白かった。
 猿之助演出は、渥美清太郎補綴本と違い、序幕「妙見」のお百度参りで、七役全てを登場させる。
 それだけでなく、人物相互のしがらみ、久作・久松兄弟と竹川、お六と竹川の主従関係、なさぬ仲の後家貞昌の苦悩、御家騒動の背景をキチンと提示するので、単に鮮やかな早替わりを楽しむだけでなく、「お染久松」物のパロディとしても楽しめる。奈河彰輔の行き届いた補綴。

妙見では、亀治郎のお染は色気が無く固く、加役めく。
 久松はおっとりと実直で本役である。久松許婚お光は、いかにも在所の娘らしいおぼこさと、お染への悋気のシンが一本通って、後段の狂乱に繋がる。竹川は、奥勤めらしい気品と威があって、ガラリと変わって良い。久作とのやりとりも、単に筋売りだけではない実があること、牛王義光の刀の詮議というお家騒動の枠をカッキリ示したのが良い。芸者小糸は、橋本でもそうだが仇っぽさに乏しく、ツンとして情が無い。後家貞昌は、多三郎とお染、なさぬ仲の子への思いをしっとりと見せる。
 「橋本」では、久松が草履を揃える時、「これが普段でござりまする」という辺り、生活が出る。ここの竹川は、「借りた一間は城郭同然」とキッと言うあたり実があり、扇を上げての「無礼者めが」も効いている。

「莨屋」は、亀治郎のお六が、立膝でけだるいセリフ回しの中に、喜兵衛とすっかり腐れ縁で惚れていること、竹川への思いをキチンと出していて良い。
 染五郎の喜兵衛は、回を重ねるに従って図太さが加わった。油屋の符牒、鬢盥、早桶という小道具が揃うにつれ、強請りを思いつく運び、早桶を覗き込む件、七三で剃刀をくわえ束に立っての凄みも良い。幕切れ、「気をつけろ」で行灯を隠すお六の立ち姿に色気があった。

「油屋」の強請は、お六が最初は下手に出て、「打ち打擲なされたんだね」とガラリと凄む辺り、福助の大騒ぎに比べると、図太く押していて良い。「これでも元は吉原の」から、「嬶莨と評判の」と張っていく辺り、玉三郎や福助とは違う、加役らしい線の太さがある。久作が来たと聞いて、久松・竹川の関係を悟って面目を失う芝居も細かい。
 悪婆の悪は、悪人の悪では無く、悪七兵衛・悪源太のようなシンの強さ、言い換えれば故主の為なら命も厭わぬ侠気の意味である。最後の「この礼にはきっと来やすよ」にも、申し訳なさの二重の意味を込めていて良い。染五郎の喜兵衛は、久作が来たと聞いた時はいささか芝居じみるが、あとは終始ふてぶてしく運んでいるのが良い。

「油屋二階」は、屏風を使った早替りに目が奪われがちだが、今回、継子ゆえに遠慮しつつも、お染の妊娠を悟り意見する貞昌の芝居が丁寧で、遂に心中に追い詰められる若者二人、という図式が良く分かる。

喜兵衛殺しは一通り。ここでの久松は、丁稚というより石津の次男というやつしの性根である。最後お六が出るので、道行へのつながりが分かる。

「道行」の久松は、身体が固くて色気が無い。お染しかり。良かったのはお光狂乱で、花道で「行方いずくと白露の」とぐるりと回り、「乱れ髪」でふっと手をやる件、笹を抱くあたり、実感があり、「在所生まれの私でも」など哀れが出る。笑也の女猿廻しの四ツ竹で、笹祓いを踊る亀鶴の船頭がキッパリとして良い。

友右衛門の山家屋、秀調の太郎七とワキも揃う。弘太郎の丁稚久太がキビキビと達者。錦弥の善六は、眼鏡敵としてはもう少し枯れて良い。亀三郎の髪結は、短い出番だが、キッパリとしていて良い。宗之助の多三郎は、童顔が損しているのと、つっころばしの柔らか味が無い。門之助の久作は実直だがこの人には気の毒。 

2011年1月劇評
2010年ベストワン・ワーストワン
平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る