2009年ベストワン・ワーストワン

大顔合わせ「忠臣蔵」       犬丸治


「テアトロ」2010年3月号

 華やかな「顔寄せ古式手打ち式」で明けた2009年だったが、歌舞伎座休場を飾る、これぞという大顔合わせが、十一月の「忠臣蔵」のみというのはやはり寂しい。

 個人の打率から言えば、何といっても吉右衛門と仁左衛門の年だった。
 前者は二月「勧進帳」の弁慶にはじまり、四月は「毛谷村」、五月は「金閣寺」の大膳、六月は「湯殿の長兵衛」に兄幸四郎との「角力場」、九月「馬盥」に十月は「碇知盛」、十二月は「頼朝の死」に初役の「修禅寺物語」夜叉王と、立役の王道をノッシノッシと闊歩した感がある。殊に「金閣寺」で御簾が上がり、大膳が王子鬘で脇息に体を預けている姿など、国崩しとはかくやと思わせる立派さであったし、「長兵衛内」で倅長松を諭す一語一語は見事な音遣いで耳朶に残る。

仁左衛門の三月「御浜御殿」の綱豊は、染五郎の富森とやり取りに寸分の隙無く、御浜遊びの悠然たる風姿など、「七段目」という古典の抽斗があったればこそである。今年正月浅草の愛之助が、仁左衛門の綱豊を覚えも覚えと見えながら、ハラが無いのはその差なのだ。「油地獄」の与兵衛は彼の出世役であるが、上方和事の芸だけでは一筋縄ではいかないこの特異な青年像をさらに彫琢しようとする意欲。四月「廓文章」の伊左衛門は、玉三郎の夕霧ともども、上質な廓遊びに浸るような豪奢さであった。

 しかし私は敢えて十一月「忠臣蔵」の菊五郎の勘平をベストワンに推したい。
 何も特に変わった演技・解釈をした訳では無く、いつも通りの音羽屋型である。しかしそれが単なる技巧・段取りに陥らず、菊五郎の身体が放つ芸の照りと相俟って、早野勘平という男の美しさ・哀れさ・愚かしさ・浅ましさを描いて余すところが無い。

 「五段目」も一見サラサラとするに見えて、七三で金を奪おうと決意し舞台に戻る確かな運び。糸入り縞の財布から、舅を殺したと誤認し煩悶する様。「いっそ打ち明けありのまま」と言ったところでどうにもなるわけではないが、背負いきれぬ罪を負ってしまった若者の懊悩が痛々しい。「ずんと些細な内証事」も、あくまで内攻して、この期に及んで体面を繕う浅はかさが滲む。改めて歌舞伎の「型」の持つ力と、それを生かすも殺すも役者の叩き込んだ芸の年輪次第という当たり前の真実を突きつけられた思いだった。

 この「忠臣蔵」での、古怪な中に歌人としての風格を湛えた富十郎の師直、喧嘩場から切腹まで、梅幸譲りの品格を見せた勘三郎の判官、茶屋場での悠揚迫らざる仁左衛門の酔態と、義士の頭目としての見事な変わり目も、それぞれ現代歌舞伎の水準を示して忘れがたい。

 正月、團十郎が歌舞伎十八番「象引」で半年ぶりに復帰した。三月「南部坂雪の別れ」での内蔵助、五月「毛剃」とも、やはり歌舞伎座の舞台にはこの人、と思わせる存在感であった。

 中堅では、三津五郎が八月「六歌仙」を一人で踊りきった。特に「喜撰」は勘三郎のお梶を得て、「小野の夕立、縁の時雨」や「わたしゃお前の政所」の二人の呼吸が立ち会い勝負のようであり、後段のチョボクレなどイキもつかせなかった。また、正月彼が主演して復活した南北の「ヲ競艶仲町」は、「双蝶々」の書替という以上に、綺堂物を見るような新しさがあって収穫だった。歌舞伎は汲めども尽きぬ泉であり、まだまだ宝が眠っている。鉱脈も知らずにあちこち掘り返すだけでは不毛だろう。

 五月、海老蔵・松緑・菊之助の「おしどり」が清冽なまでの美しさ。昭和二十九年の故歌右衛門による復活が、劇団の枠を越えた顔合わせで、戦後歌舞伎のエポックメーキングであったことを思えば、新世代の台頭を実感させる象徴的な舞台だった。松緑は、三月祖父・父以来の当り役「魚屋宗五郎」を初役で演じ、進境を示した。

 このほか、七月「天守物語」の玉三郎の富姫は、日生劇場での初演以来三十一年を経ての円熟を見せたし、八月「亀治郎の会」の「将門」での段四郎の光圀の得難い歌舞伎味も特筆しておきたい。

 十二月宮藤官九郎の歌舞伎初挑戦「大江戸りびんぐでっど」については前号で触れたので重複は避けるが、見ていて最大の苛立ちは、敢えて歌舞伎役者が演じる内容だったのか、ということだ。その肉体も芸も必要条件ではない。歌舞伎以外の作家の登用は、いわば「異邦人」の新鮮な視点を求めてのことだろうが、それにはおのずと対象への最低限の知識と敬意が必要ではないか。

 最後に、期待すべき新人は、中村梅枝。
 七月「藤娘」は初々しい上に「空も霞の」で一抹の寂しさを漂わせ、今が旬の若女形の美しさがまぶしい出来であった。

2010年02月劇評
2010年01月劇評
2009年12月劇評
平成歌舞伎評判記・目次に戻る
歌舞伎のちから・TOPに戻る