「紅葉狩」の異形      犬丸 治

 
「テアトロ」2007年2月号


 人の身体を食い破って、異形の物が飛び出して来る。てっきりSFXの世界だけかと思われたこの場面を、まさか歌舞伎座で目撃することになろうとは。

 夜「紅葉狩」。上手より海老蔵初役の楚々とした更科姫が維茂を呼び止め、以後舞台は姫の舞、二枚扇と淡々と進む。空気が俄に変るのは、維茂主従が眠っているかを姫が確かめ、「流れの元は」で気を変えてから。「咲き乱れ」の辺りから、姫の身体が小刻みに震え始める。禍々しい「何か」が体内から込み上げる一方で、陶然と舞い続ける姫がいる。人格の分裂。やがて姫は呑み込まれ、いつのまにか異形の魔性が眼前に屹立している。侍女らを制する「コレ」の男声の凄味から、これ以上ないという大股で上手に引っ込む気組。
 思えば、舞にかかる前に裲襠を脱ぐのも、最初の「脱皮」であったのか。「紅葉狩」といえば、神宮外苑の絵画館に飾られた大画面の行幸啓図にも似た、空疎な大仰さに正直辟易としていた私は、初めて戸隠山の地霊の蠢動を聴いた思いがした。後ジテになり、「クヮッ」と声を上げながら維茂に躙り寄っていく辺り、過剰という批判もあるだろう。しかしあの「咲き乱れ」の異様な戦慄に比ぶれば、何程のことやあらん。松緑の維茂がスッキリとした出来で、鬼女を上手に追う気組など充実。尾上右近の山神が折目正しく、清浄の気が溢れる。


 
夜「出刃打お玉」は、お玉(菊五郎)と正蔵(梅玉)の間に横たわる二八年の歳月こそ主役。正蔵という男は、ロリコン趣味の怪物ではない。二三歳の初心な若者を、歳月がどこにでもいる俗臭紛々・小心翼々たる管理職に変えてしまった。それを梅玉も良く心得て、お玉と再会した後の不忍池での追憶、出刃を打たれて、初めて自分がかつての敵・森(團蔵好演)と同じ地平に身を置いてしまった浅ましさに思い当たる運びが、この人本来の誠実なニンにはまって巧い。菊五郎も、一時の激情に駆られたものの、自分を手にかけない相手の思慕を悟り、「正蔵さん」と呟くが、歳月の重みには抗すべくもないという哀れが、幕切の思い入れで鮮やかであった。下座を含めすっかり歌舞伎に仕立て直され、池波正太郎らしいほろ苦い世話物掌編。 

 夜「神霊矢口渡」は、菊之助初役のお舟。

 暖簾口から出た娘姿が如何にもおぼこで良い。何気なく門口を開けて義峯に一目ぼれし、改めて覗く変化の付け方、一人残った舞台で、義峯と父とに挟まれた抜き差しならぬ苦悩をクッキリ見せたのが良い。手負いでガッタリになってからの気組も良く、最後楼上での合掌はさながら「聖女お舟の殉教」だが、この清冽さこそこの人の身上。

 富十郎の頓兵衛は、藪畳から出た姿が実に厚手。お舟を手にかけた後、「知ってるわい」で刀を杖に首を傾ける件をはじめカドカドが良い。お舟を睨み倒す時刀を担がないのが珍しい。期待した鮹足の引っ込みがイキが続かず残念。團蔵の六蔵はチャリ味が無く、ダレる。友右衛門の義峯は、単なる優男になっていないのが良い。「出刃打お玉」のヒモ・新助と並んで好演。松也のうてなが、御旗を掲げる辺りキッパリとして良い。

 昼「嫗山姥」。お舟に比べると、菊之助の八重桐は若さ故に、この役の「哀れ昔は全盛の松の位も冬枯れて」という女の人生の艶が出ていない。踊りの「年増」がこの芝居のしゃべりを丸ごと頂いたのも故ないことではない。蔵人と馴染んだ三年間の濃厚な色気が必要なのだ。塀外で三味線に耳を傾ける風情も娘染み、蔵人に逢っての「お前は」の驚き、「何故惚れなんだ」と上手の蔵人への当てつけなど、どうしてもナマになる。流石に山姥になってからは、両性具有の禍禍しさが出た。
 團蔵の蔵人は、前段の和実のやつしも無難にこなし、後段もキッパリした出来。松也の澤潟姫が品が良く、市蔵のお歌が程の良いチャリ。萬次郎の白菊。亀蔵の大田十郎は、黒天鵞絨(ビロード)に赤ッ面、最後刀を担いで極った顔など立派な大首絵。

二十五年振りの時蔵の「将門」だが、「解語の花の」のセリ上がり、天紅の文を持っての立ち姿からして、この人の清楚な芸風が、この曲の草双紙趣味とまず合っていない。「過ぎし弥生の中空に」、或いは「ほのぼのと」、旗を落としたのを紛らす手踊りなど、各々景色が変わらず平板。滝夜叉の名乗りも、「ここぞ」という一点への凝集力が無いので仕出かさなかった。対する松緑の光圀は、如月のクドキの間心許さぬ性根が良く、キッパリとした出来。最近の屋体崩しはキレイ過ぎて興ざめ。昔は左右不対称にメリメリ崩れたり、芸が細かかった。

夜「芝浜革財布」は、菊五郎が酒にからきし目が無いが、底抜けの善人・政五郎を楽々と演じ、サラリと情味のある世話物に仕上げた。酒盛で、女房自慢の末大工の勘太郎(團蔵)と喧嘩になる辺り、如何にも恋女房という伏線である。魁春のおたつが良い。意見のためとは言え、夫に嘘をつかなければならない呵責と、夫が善心に返った喜びを交錯させて、ホロリとさせる。芝居としてはここまでで、出世した三年後は、三木助や志ん朝の「また夢になるといけねぇ」のサゲの滋味には遠く及ばない。菊十郎の納豆売の呼び声を聴くと、明けやらぬ江戸の冬空が浮かぶようである。

夜「勢獅子」は梅玉と松緑だが、結局、途中上手から出て、最後梅玉にエスコートされて前に進んだ雀右衛門のお京の瑞々しさにさらわれてしまった。

 国立「元禄忠臣蔵」三ヶ月連続上演の最後を飾るのは、幸四郎の大石内蔵助。十月の吉右衛門は何処か四段目の「大星由良助」の面影があり、先月の藤十郎は異色だったにせよ、如何せん上方和事の抽斗だったのに比べて、幸四郎は終始理知的な役作りで、青果の大石像に最も良くはまる。

 「全編通し」とはいえ、討入り直後の「吉良屋敷裏門」、墓前に首級を供える「泉岳寺」は短縮版。もとより前者は放心した義士たちのスケッチが散漫冗長なので致し方無いが、後者の戸田の局の件の丸々カットは、「仙石屋敷」とつくとは言え、唯でさえ女気の少ない芝居(女形はおみののみ!)だけに寂しい。それでも、安兵衛(歌六)が脱盟した高田(門之助)の未練を諭し、訣別する件に、ほろ苦い味がある。また、十次郎(高麗蔵)と功名争いする秀調の唯七が手強く、先月の松島に続くヒット。

 「仙石屋敷」は、三津五郎の仙石伯耆守が第一。急を聞いて奥から駆け出すイキで、舞台を掠ってしまう。如何にも泰平の世に飽きたらぬ気骨ある人物で、大石の陳述を暗涙を込めてハラに納めるあたり手に取るようである。預けられる義士一同に暇乞いをさせる件、大石への「あッたら事に身を果たさせ」の情味など、行き届く。

 「大石最後の一日」は、処断の日まで、ひたすら慎み深く身を処す大石の用意を、幸四郎が抑制して演じている。信二郎の磯貝が凛として良く、縁側で椿を生ける姿に、この男の江戸育ちの優しさが出ている。芝雀のおみのが、シンのある処を見せる。同志の「初一念」を汚したくない大石。しかし彼を突き動かすのも、彼女の「初一念」という劇の構図が見えて来る。

 左団次の堀内は、無理を承知で大石におみのを引き合わせる処が屈託が無く、愛嬌が勝ちすぎるのが難だが、女と分かってからは、朋輩父娘の苦衷を語る辺り情が溢れ、舞台を締めた。歌六の安兵衛・荒木いずれも手強く、梅枝の細川内記が、家臣を止める「それは要らぬ斟酌じゃ」が厳しく聞こえる以外は、おっとりと品が良い。

2006年ベストワン・ワーストワン
2007年1月評
2006年11月評

平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る