新三と辰次       犬丸 治

「テアトロ」2005年7月号


 襲名三ヶ月目、歌舞伎座昼の「髪結新三」、勘三郎の新三と三津五郎の家主の駆引きが、息もつかせぬ面白さである。
 三津五郎の家主は、下手木戸口から出た瞬間、前場で善八と対していたのとはガラリと変わり、凄味のある喰えない親爺になっていて、新三内に入ってからの、時代で言えば「付け廻し」で、舞台の空気がサッと変わる。「手前の銭は悪銭だから」もクドく言わないのが、却って同じ穴の狢の底気味悪さが出る。
 対する勘三郎も、おだてられて源七との経緯をペラペラ話す愛嬌と軽薄、白子屋と聞いて「おいでなすった」とばかり不貞腐れる変わりが巧い。「種を明かしゃあ拐かし」で団扇がピタリと止る件をはじめ、団扇遣い一つでこの小悪党の内心の葛藤動揺が手に取るようで精妙だ。
 三津五郎も「聞かれざあよしにしろい」の凄味、入れ墨を逆手に取っての「馬鹿野郎」の皮肉と、初役とは思えぬ程手に入っている。「鰹は半分」のおかしみも、双方盟友の呼吸を知り尽くしてこそ。突き出すと脅して、「早く返事をしねいのか」と張る三津五郎の時代、「大家さんにゃあ」と世話に砕ける勘三郎と、緩急を堪能した。
 とは言え、勘三郎の新三が精彩を放つのはこの場のみ。当代の新三はカラッとした粋が身上だが、襲名とあって、先代の「上総無宿の入れ墨新三」の陰翳に引き摺られている。
 例えば、白子屋店先で立ち聞き、足音を早めて戻って来る辺り愛嬌よりも凄味が先に立ち、重い。忠七を唆す件も、撫でつける仕種に追われ、一人合点で相手の芝居を受けていない。セリフが観客の胸に落ちないのである。
 永代橋も、初めは軽く邪険に扱い、「家に何の用がある」位で本性を見せるべきなのに悪を利かせ過ぎ、忠七がいつまでも下手に出ているのが馬鹿に見える。ツラネも忠七に聞かせていないのがいけない。
 源七とのやりとりは、富十郎が立派過ぎて、焼きの廻った老侠に見えず、親分風を吹かさないので、新三が何故腹を立てるのか判らない。富十郎は「指をくわえて」で戸を閉め、七三でフッと気を変える処で腕を見せた。
 三津五郎の二役忠七は、撫でつけられながら悪心が兆していく辺りの巧さ。幕切れ後手で帯を締め直す辺りキッパリした味。永代橋の一人舞台で、独吟・本釣で欄干にもたれかかる和事味が良い。
 菊之助のお熊の黄八丈が初々しい。染五郎の勝奴が、如何にも目端の利いた若者になっている。秀太郎の後家は、涙を呑んで上手屋台に引っ込む思い入れが行き届く。秀調の善八が朴訥で好演。小山三のお菊、源左衛門の肴売、四郎五郎の合長屋が、先代以来の美事なアンサンブル。家橘の加賀屋、市蔵の大家女房、大蔵の蕎麦売が良い。

 夜「野田版研辰の討たれ」。
 4年前の初演に比べて、十数分短縮した分、足取りが早く、切れ味が鋭くなった。、野田秀樹のことば遊びの海を、勘三郎の辰次が1時間40分颯爽と泳ぎ切る。三ヶ月の襲名披露で、彼が最も溌剌と生き生きして見えた。
 福助の奥方の「天晴れじゃ!」、三津五郎の家老の仕掛けを踏みそうで踏まぬ絶妙な足技、亀蔵のからくり人形の怪演、蔦屋の擦れ違いから追っ掛けのスリルといった名趣向に磨きがかかっただけではない。今回良いのは、「研屋上がり」の町人の辰次が、武家社会の虚構(からくり)を嗤うという構図がはっきりしたこと。研屋とは、武士の魂である刀には必要不可欠。しかし、刀とて泰平の世では無用の長物ではないか、という社会の底辺からの鋭利な問いかけ。
 もう一つは、気まぐれな群衆心理の残酷さが客席まで拡がり、観客もまた共犯者という図式が良く判ること。一旦助命した平井兄弟(染五郎・勘太郎)が、大衆の冷笑に再び立ち戻って辰次を殺すのは、彼らが既に空虚な見世物にしか過ぎぬ仇討という「大義」に呪縛された走狗だからである。初演の翌月、9.11は起きた。この四年間、我々は「大義」の虚妄と、「生きたい」と叫びながら散った無数の紅葉を嫌と言うほど見せつけられた訳で、辰次の骸を残して去る平井兄弟の虚しさがすんなりと胸に響く。
 但し、刀を研ぎながらの辰次の述懐が初演程応えなかったのはどうしたことか。短くした分、段取りになってしまった部分もあるのかも知れない。福助・扇雀の上昇志向の姉妹、橋之助の老僧、弥十郎の宿屋番頭、源左衛門の職人、芝のぶの金魚ら、ワキが生き生きしている。
 
 昼「弥栄芝居賑」。
 襖を前に居流れ畏まった口上に比べて、角切銀杏の櫓を前に、晴れて勘三郎が「座元」になったことを実感させる。雀右衛門・芝翫をはじめ、両花道に居並ぶ男伊達・女伊達の中には今月これ一役という人もあり、豪奢な一幕。
 
 夜「四の切」の、菊五郎が良い。
 本物の忠信の裃姿にズッシリと厚味があり、七三の敬いで見せる懐旧の情、出羽で逼塞していた経緯を語る堂々たる押し出し。申し次ぎが偽忠信到着を知らせてから終始揚幕に気をやり、「黙して」となる運び、糸に乗っての引っ込みも充実。狐になって「広庭へ下りる」で鼓に心を残す具合、「鳥でさえ」以下、身悶えして泣く述懐でホロリとさせたのは腕。これは海老蔵の義経の功。珍しく圭角がとれ、「暫くの命を継ぐ」の憂愁、脇息を前に、静の消息を尋ねる辺り色気がある。「黙れ忠信」も抑制が利いている。狐忠信の「礼をなし」を鏡を見る如く凝視する気組、「前世も業我も業」で、源九郎狐に我が身の漂泊を重ねる性根が明快。
 菊之助の静は凛然とした美しさだが、「てもまんがちな」の辺り、長旅での馴れと色気が欲しい。左團次の法眼、田之助の飛鳥のやり取りを丁寧に見せているのが良い。夫婦兄弟の骨肉さえ信じられぬ人間の修羅と、畜生の純粋な情愛の対比が浮かびあがる。
 
 昼「芋掘長者」。
 四十五年振りとあって、当然筆者も初見である。「棒しばり」といい、柿紅という作者は一種嗜虐的でさえあるが、三津五郎の藤五郎はその皮肉を美事に生かしている。橋之助の治六郎に連れられて花道を出ただけで、身体に全く踊りが無い人に見えること、芋掘の振りに朴訥な土臭さがあるのが流石。虫干し以上に、大和屋の良き財産となろう。秀調・権十郎・高麗蔵が慎ましくて良い。亀治郎の緑御前は、一差し舞う件から、最後の総踊りまで屈託ありげでいけない。
 
 昼開幕は「車引」。
 海老蔵の松王は、初演時は「風姿は立派、喋ると落第」だったが、流石に今回は「待てェエ」の声調から横見得の貌の立派さ、石投げの振りかぶった力感、終段の「意趣遺恨」の怒気など、美事な成長ぶりである。
 勘太郎の梅王、七之助の桜丸との五ッ頭など清新で、幕開きの早神楽が舞台一杯に脈打つ様だ。勘太郎は深編笠を取ったマスクに隈が乗り、「時平の大臣」の裏見得、「五六百」から「堪忍なんねえ」の元禄見得、終幕の腰を落としての見得と、カドカドがキッパリと鮮やかだ。七之助の桜丸は、和か味と色気に加えて、「骨髄に徹し忘られず」の辺り、「賀の祝」まで気持が通っているのが良い。清水大希改め鶴松の杉王。本来松王の半不精なので、子役が出るのはおかしいのだが、カドカドを丁寧に見せて気持ちが良い。左團次の時平は立派だが凄味が欲しい。橘太郎の金棒引がベリベリとして好演。
 
 夜「鷺娘」。
 玉三郎は、綿帽子・白無垢でせり上がった姿が清冽。「消えてはかなき恋路とや」と上手向きになる容姿、「恨みのほかは白鷺の」で心の闇を沈潜させて行く辺り美しい。続いて娘姿での「縁を結ぶの」のおぼこさまでは良いが、降り積もる雪の終幕は、演者の想いが先行して冗漫。地獄の輪廻に懊悩する女の恋という主題が拡散している。

2005年6月劇評
2005年4月劇評
平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る