花子繚乱              犬丸 治

「テアトロ」2005年6月号

「鞠唄」で、髪を整えた勘三郎の白拍子花子がフッと虚空に視線を移した瞬間、舞台一面に花吹雪が舞ったかの様だった。
その花弁を掬い集め、丸めて鞠にする手の動きの精妙さに、時を忘れ見惚れた。襲名公演二ヶ月目、歌舞伎座昼の「娘道成寺」は、全編演者の芸の充実と、そこから渾々と湧き出る蠱惑で息もつかせない。
 まず「道行」。「花の御山へ」でぐるりと廻った途端、全山満開の桜である。
 「交わす枕の」の嫋々とした風情から、フッと雁の声に心付く運びなど流れる様で、以下最後の押戻との絵面の見得まで、観る者の目を釘付けにする。やはり一番の出来は「恋の手習」。上手から出て、手拭いをフワリと前に広げるアクセントひとつでも、誠に切なく、「誰に見しょとて」で紅を付ける指先、鏡を見つめる恍惚が、豊潤な空間を創り出す。
 「誓紙さえ」で袖を見せる件、「どうもならぬ程」の焦燥が、「逢いに来た」の喜悦とときめき、「たしなんで見ても」の襟元を掴んでの振りへと転じ、男との濃艶な恋物語が紡ぎ出されていく。「悪性な悪性な」の初心な娘から、「恨み恨みて」で鐘への想いをジッと内に溜めていく運び。それらが、決して饒舌で説明的ではなく、勘三郎の身体全体から自ずと滲んで来て、終始たわむことが無い。
 これ以外でも、「花のほかには」で七三に行き、中腰で溜めて左に振り向き、サッと右を向いて中啓を差し付ける呼吸、「鞠唄」で舞台をグルリと廻る際の浮き立つ愛嬌、「山尽し」で撥をトンと舞台に突く気迫から、「東叡山の」以下の早間の面白さ。「ただ頼め」の手踊りの愛らしさ、身体を一杯に使った「鈴太鼓」の熱情。いずれも、その内的充実が知れる。
 後ジテの蛇体も、凄味があって良い。歌舞伎座に一年振りに復帰した團十郎の押戻が美事に荒事の骨法を見せ、花道での二人の五ツ頭など、舞台がグッと大きくなる。所化も岳父芝翫らが付き合うなど、近来の「道成寺」である。
 もう一つの披露狂言は、夜「籠釣瓶」。
 勘三郎の次郎左衛門は、田舎出丸出しの御大尽が、「吉原」という魔物に絡め取られて消費され、自滅していく様を鮮明に描き出す。「見染め」も、単に呆けた様に立ち尽くすのではなく、瞳の奥に、劣等感とその裏返しの憧憬、いわば見てはならぬ異界の光彩を見てしまった、この男の運命の変転を見せる。
 吉原に朋輩たちを案内し、座を取りなす辺りに覗く虚栄心、「どうせ売り物買い物だから」の一言で、欲望の消費装置である吉原にすっかり取り込まれてしまった男の弱さを見せているのが巧い。満座の中の愛想尽かしに、初めは事態が飲み込めず納めようとし、八ツ橋の「勝手に深みにはまったものを」で慄然とする運び。「花魁、それはあんまり」の名セリフも、謳いながらも「何故初手から言うては下されぬ」など、絞り出す様に切々と聴かせる。
 一人残されて、「振られて帰る果報者とは」の自嘲が悲哀に変わる巧さ、引けの拍子木に合わせて静かに歩を進める寂寥感。終幕の殺しは、それまでジッと溜めていて、八ツ橋に梯子段を覗かせる間に迸る殺意、斬ってから刀を蝋燭に翳し凝視する狂気とも良い。
 玉三郎の八ツ橋は、見染の艶然たる笑みなど、流石不夜城の女王の貫禄だが、肝心の縁切りに手強さとハラが無い。初めから罪障感が表に出て、まるで、浮き川竹の我が身を自嘲して独語するかの如くであった。八ツ橋部屋での、栄之丞と権八に責められての枷と苦衷が掘り下げられていないためだろう。仁左衛門の栄之丞は、育ちの良さにスッキリとした色気がある。富十郎の立花屋が、単に実直だけでなく世故長けた吉原の住人になっている。秀太郎のおきつは、身請が反古にされたことを八ツ橋に難詰するビジネスライクぶりは良いが、時折上方の花車形めくのが難。
 段四郎の治六が、八ツ橋に詰め寄る辺り誠に篤実。芦燕の権八が、如何にも廓の周縁に寄生する嫌な奴になっている。魁春の九重に情があり、次郎左衛門に羽織を着せる辺りホロリとさせる。家橘・市蔵の朋輩が手強く、七之助の初菊が初々しい。
 昼「切られ与三」。
 仁左衛門の与三郎、玉三郎のお富とも、最早自家薬籠中の役。身体を持て余している美貌の愛妾と、世慣れぬが素直な大店の若旦那。見染めでこの二人が顔見合わせての見惚れ、付け回しが、官能の域を超えて、一組の男女の悪縁の始まりというドラマになっているのは、互いの芸の年輪だろう。「源氏店」で与三が立ち去る時、後ろを向いていたお富と思わず目を合わす場に、美事に繋がっている。勘三郎が鳶頭に付き合い、与三郎への意見事もじっくり見せているのがご馳走。ほかに源左衛門の相生、菊十郎の黒戸子分、松太郎の赤間子分、歌江の茶屋女らワキが揃う。
 「源氏店」では、玉三郎のお富が藤八に見せる無意識な媚態、安をあしらう鉄火に、この女の生活が出る。仁左衛門は、「御新造さんえ」にかかる前に、お富に何か言いかけて迷う件、「切られ与三と異名を取り」と照れる辺りに、如何にも若旦那らしい鷹揚さが出る。与三のセリフをジッと聴いている間の玉三郎のハラも良く、芝居が立体的になる。左團次の安は、騒々しい上に愛嬌が勝ちすぎて、嫌な奴になっていない。段四郎の多左衛門は情理備わり、お店の番頭に見えるのが良い。松之助の藤八が洒脱。
 昼「源太勘当」。
 勘太郎の源太は、葛桶に掛けての戦物語に「鎌倉一の風流男」らしい凛々しさもあり、母への述懐で恩ある佐々木に功を譲った憂愁と苦衷を滲ませているものの、全体に小粒で、膨らみが欲しい。芝のぶの千鳥は抜擢だが、源太が帰館して茶を差し出す処など情が薄いし、物語に割って入って助け舟を出す処など、もっとしでかしても良い。後の「神崎揚屋」の梅ヶ枝であることを忘れてはいけない。
 出色は海老蔵の平次。千鳥にしなだれかかる好色、源太に宇治川の先陣を裏問う手強さ。兄の物語をジッと聴き、隙あらばというハラ、「今のあとはこうであろう」のノリ地の良さ、「その時高綱」で扇を翳して睨む立派さ。こうしたベリベリとした敵役ぶりに加え、「おっ母さん」と延寿に甘えたり、兄の不義を告げ口したりと、如何にも次男坊らしい憎めない稚気があり、主役を食ってしまう面白さである。
 秀太郎の延寿に、夫景時の留守を守る品格があり、文箱の書状を読み、源太の物語をジッと聞く件、烏帽子親・頼朝、父景時への忠孝の板挟みに苦しむ息子に「父御ばかりの子かいのう」と嘆く恩愛、平次にこと寄せての源太への意見など、舞台を締める。市蔵の軍内、橘太郎の珍斎が良く、鸚鵡の趣向が観客に行き渡ったのも二人の功。
 夜「毛抜」。
 團十郎の粂寺弾正が明朗にして寛濶、おおらかな舞台を見せる。「近頃、面目次第も御座いません」と謝る愛嬌など、観客との交歓をこれ程衒いも無くこなせる器量はこの人なればこそ。推理劇らしくドラマの足取りも早く、飽きさせない。時蔵の巻絹は納まりかえって情が怖いのが難。その上、前半を右之助の腰元若菜で半不精にし、春風(高麗蔵)の恋人まで若菜に振っているのはいけない。勘太郎の秀太郎は、若衆らしい色気が欲しい。海老蔵の勅使桜町中将は、さしたる仕処なし。市蔵の万兵衛に愛嬌と手強さがあり、團蔵の玄蕃の憎体が良い。

2005年3月劇評
平成歌舞伎評判記・目次に戻る
「歌舞伎のちから」・TOPに戻る